つけ麺の麺を肉に変更できるラーメン屋「舎鈴」が、連日連夜、大盛況となっている。

本来、ラーメン屋は麺を食べるための店だが、ここはつけ麺の麺を肉に変更できるプランをオプションで導入したところ、多くの客が麺ではなく肉を食べるためにやってくるようになったのである。

・麺を肉に変えたもの

もともと「舎鈴」は、つけ麺やラーメンが美味しい店として人気を博しているが、「麺を食べたくても太るからなあ」と悩んでいる人のため、麺を肉に変更できるようにした。

通常のつけ麺の食券を購入し、オプションとして「肉変更券」を290円で購入する。すると、麺を肉に変えたものがテーブルに出されるというわけだ。

・女性の一人客が多い

実際に食べてみたが、非常にプルプルとしてて食感が楽しい肉。チャーシューというよりはハムに近い感触で、つけ汁に浸して食べると、冷たいしゃぶしゃぶを食べているかのようだった。

驚きなのは、女性の一人客が多くいたこと。しかも多くの女性が、麺を肉に変更していた。ヘルシーな料理が大好きな女性にとって、まさに嬉しい料理なのかもしれない。

・美味しいつけ汁なら肉を浸しても美味しい

美味しいつけ麺の重要ポイントはつけ汁だ。美味しいつけ汁なら肉を浸しても美味しい。それを実感できる画期的なメニューといえるだろう。

ちなみに、2016年8月8日現在は、麺を肉に変更できる店舗は「舎鈴 八重洲店」のみ。順次、対応店をふやしていくそうだ。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス