出典 http://www.dailymail.co.uk

2016年8月14日未明、アメリカ・メリーランド州のボルティモア、2階建てのアパートで火災が発生。

家の中には、生後8ヶ月の赤ちゃんと愛犬のポロ。母親であるエリカ・ポレンスキさんが、ぐっすり寝ている赤ちゃんを見てほんの数分、用事を済ませようと外に出た矢先の出来事でした。

出典 https://www.youtube.com

赤ちゃんの名前は、ヴィヴィアナちゃん。愛犬と一緒にお留守番していた、その僅かな時間で火災発生。炎はみるみる間に建物を襲ったと言います。

炎に包まれるアパート、部屋にはまだ歩くこともできない赤ちゃんと愛犬ポロだけ、火災に気がつき戻ってきたエリカさんは、必死に家の中へ入ろうとしましたが、階段は炎に包まれていたそうです。

出典 http://www.dailymail.co.uk

外に聞こえて来るヴィヴィアナちゃんの泣き叫ぶ声。近隣の人たちも、応援に駆けつけ窓を叩き割り、ドアを蹴破りと救出を試みましたが、1階部分の炎の勢いが強く中々、アパートの中に入ることができませんでした。

ようやく消防隊が到着。その頃には空に向かい噴き上げる黒煙、炎も益々、勢いを増していたそうです。

出典 https://www.youtube.com

消防隊の必死の消火活動で30分後には火を消し止めることができました。しかし、その頃には、外にまで聞こえてきていたヴィヴィアナちゃんの泣き声は聞こえませんでした。一刻も早くヴィヴィアナちゃんと救出するべく、消防士が急いでアパートの中へ突入。そこで、消防士が見た光景を忘れらないと言います。

出典 http://www.dailymail.co.uk

愛犬ポロがヴィヴィアナちゃんの上に覆いかぶさり、襲いかかる炎の盾になってくれていたのです。ぐったりしていたヴィヴィアナちゃんの上に横たわるポロ。灼熱の炎に身を焦がしながら、ヴィヴィアナちゃんを命と引き換えに守り抜いてくれたのです。

その後、ヴィヴィアナちゃんはすぐさま救急病院へ搬送されました。そして…ポロはその場で死亡が確認されました。

出典 https://www.youtube.com

母親のエリカさんは取材に対し『ポロも私の子どもだった、ポロが命がけで守ってくれたヴィヴィアナの回復を今は祈るだけです。私は、なぜこのようなことになったのか、本当にわからない』と言います。なぜ、あの時、子供を置いて出かけてしまったのか?なぜ、あの時、出火したのか?彼女は、自分を責め、自問自答を繰り返すのではないでしょうか。

現在、体の20%を火傷してしまったヴィヴィアナちゃんは一命を取り留めたものの厳しい状態が続き集中治療室で懸命に闘っています。ポロが覆いかぶさっていた部分の損傷は、少なく片側だけに集中しているそうです。家族の一員だったポロ、きっとヴィヴィアンちゃんのことを妹のように、自分の子どものように愛していたのではないでしょうか。

ポロの愛情の深さには本当に頭が下がります。部屋の中は、ドアが開いていてポロは逃げることができる状況だったそうです。しかし、ヴィヴィアナちゃんを置いて逃げることはせず、自分の命を投げ出して助けたポロ。とてもじゃないけれど、簡単にできることではありません。ポロに助けてもらった命。ヴィヴィアナちゃんの一刻も早い回復を願うと共に、ポロに心からご冥福をお祈りいたします。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス