うちのぼんさん(長男4歳)は時々鼻血を出します。

「こどもは鼻の粘膜が弱く大人より鼻血を出しやすい」と言われていたし、調べてもそうあったのでさほど気にしていなかったのですが、この日の鼻血はいつもと違いました。

結局、鼻血が止まらなかったのは体質で、止め方のコツを教えていただいて帰ることになりました。

そして
大丈夫だった、とわかったら押し寄せてくる不安。

…もしかして、救急車呼ぶべきじゃなかった?


どういうときに救急車を呼んでもいいのかわからなかったので様子を見る時間を考えずに来てもらったのですが、もしかしたら迷惑なレベルだった?と思えてきました。

そしておそるおそる診ていただいた先生に聞いてみました。

すると先生は、にっこり笑っておっしゃったのです。

「その判断はこちらがしますから、いいんですよ」


「小さい子の場合は単純に鼻血、だけじゃない病気が隠れてることもあるし、ちょっとしたことも重篤化することがあるから、来てもらってよかったんですよ」

迷惑だったかもしれない、と思って小さくなっていた私は少し安心しました。

そして改めて、こどもを育てる、って自分の経験したことないことの連続だなと思ったのでした。

この記事を書いたユーザー

takako このユーザーの他の記事を見る

結婚8年目、一年半の不妊治療を経て長男
その後2年ごとに次男、三男を出産。
本とドラマとCMが好きな高齢おかあちゃんです。

得意ジャンル
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス