イギリス、ロンドン地下鉄の路線の一つ「サークル線」で行われた

人間 VS 地下鉄。駅から駅までどっちが早いか対決!

これが、手に汗握る、非常に興味深い結果となっていたので紹介したいと思います。

急いでいる時に限って、なかなか発車しない電車。そんな時、

「これ、走った方が早いんじゃねーの?」

と思ってしまう事、よくあるかと思いますが、そんな「本気で走ればいけるかも?」という想いを実践してみたのがこのチャレンジ企画。ちなみに距離は…

Mansion House(マンションハウス駅)からCannon Street(キャノンストリート駅)の一駅区間。歩けば3~4分の距離となっています。

約380mほどの距離を、1分20秒以内で走らなければ、負けが確定となるこのチャレンジ。

はたして結果はいかに!?

チャレンジしたのはタッチラグビーの選手“James Heptonstall”さん。脚力にはかなりの自信があるそうですが…

直線ならまだしも、階段や曲がりくねった通路を走らなければならないこのチャレンジ。

さらに、改札は二つに、登る階段は70段以上!

これは厳しいか!?

地上に飛び出したJamesさん。

裏路地を駆け抜け、Cannon Street駅を目指し全力ダッシュ!

ちなみに、前方に見えるのがCannon Street駅。

手に汗握る…人間VS地下鉄の大勝負。

するとここで地下鉄が、駅構内へと侵入。

しかし、Jamesさんはまだ、改札を超えたばかり!

では、ハラハラドキドキの真剣勝負!どうぞご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェェエエエエ!!!

ドアが開いても、現れないJamesさん。

もはやダメかと、誰もが諦めた…その時でした!

階段を下りてくる人影!

その姿は紛れもなく、Jamesさん!

そして、最後の力を振り絞り、全力ダッシュで地下鉄内へ!

拍手で迎えられ、満足げな表情を浮かべるJamesさん。途中「無理かも!」と思ったそうですが、さすがは現役のタッチラグビーの選手。これは偉業と言っても過言ではありませんね。

なお、日本でも、JR東海飯田線の鼎(かなえ)~ 伊那上郷など、複数の駅で、電車を追い抜くことが可能だそうですが、非常に危険でもあるこの行為。決して、真似はしないようにお願い致します。

おもしろ検証実験!こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス