突飛な発想と抜群のギャグセンスで人気を獲得し、40年もの長きにわたり読者を楽しませてきた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、『こち亀』)が、2016年9月17日(土)発売の『週刊少年ジャンプ』42号をもって最終回を迎え、同日発売の単行本200巻が最終巻となることが発表された。

あまりに唐突な発表に、ファンからは「えええ~! こち亀連載終了…ショックが大きすぎる」「いやだいやだ寂しいよ~(TT)」「まじかー、でもここではこう言うしかない。秋本先生、お疲れさまでした! そして有難うございました!(号泣)」と終了を惜しむ声や感謝の言葉が轟いている。

『こち亀』の連載終了が発表されたのは、2016年9月3日(土)に神田明神にて行われた“『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載40周年記念 完全描きおろし巨大絵巻物奉納式”においてだった。

奉納式では1年かけて制作された全長約8メートルの「こち亀絵巻」が奉納された。「こち亀絵巻」には、両さんが生まれた頃の戦後の浅草や少年時代から現在に至るまでの時代の風景を、『こち亀』でお馴染みのキャラクターたちが山車を引きながら巡る様子が描かれている。秋本は「漫画家としても嬉しいこと」と喜びをコメントした。

そして奉納式後の会見で、秋本が連載終了を発表。報道陣にはただ“40周年記念プロモーション”と伝えられていたため、まさに唐突な発表。

秋本は連載終了の理由について、体調面ではなく、「200巻を迎える2016年。終わるかな、と迷っていました。おめでたい時に終わるのが一番? と考えて」とコメント。

さらに「いつまでも描きたいという気持ちもある。今後の展開は未定。ここでスパッと切れるわけでなく、時々遊びに行く、という感じでもいいかも」と語った。さらに、次回の作品の構想もあることをほのめかしている。

『こち亀』は1976年9月21日に『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始し、40年にわたる連載で1度も休載したことがないというモンスター漫画だ。

「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録を保有し、記録を更新中だった。1996年から2004年にかけてテレビアニメシリーズが放送されたほか、SMAPの香取慎吾主演でテレビドラマ化や実写映画化、1999年からはテレビアニメ版で両津の声を務めたラサール石井が主演する形で舞台化されている。

様々なジャンルで多くのファンを魅了してきた『こち亀』。そんな『こち亀』の連載開始から現在に至るまでの変遷が「こちら葛飾区亀有公園前派出所.COM」で公開されている。

第1話「始末書の両さん」では、今とはかなり両さんの風貌も違い、顔が凛々しくなんとなく劇画タッチ。

巡査の中川圭一も随分イケメンだったようす。そして連載100回目にして初登場した「秋本・カトリーヌ・麗子」は、今では信じられないくらいのお転婆ぶりで、パトカーで事務所に突っ込む派手な登場シーンを披露した。

連載200回「スペース・ポリスの巻」を迎えたあたりでは御所河原組長が登場。ふざけた俳句や毎回変わる入れ墨の設定も当時から始まっていたようだ。

他にも連載1000回で両津が「誰だ!? 面白いのは100巻までだとか言ったやつは!!」と暴れている場面や、2000年に入り大喜びしている場面、『週刊少年ジャンプ』が40周年を迎え、その歴史を振り返る回などを見ることができる。

時代とともに歩んできた『こち亀』に、ファンからは「ああ…本当におわってしまうのか。泣ける」「秋本先生、有難う! 毎週楽しかったよ(泣)」「大好きな漫画が終わってしまうことは今までもあったけど、両さんと会えなくなるなんて、信じたくない! 信じられない!」

「おかしいこと言ってるのは分かってるけど、こち亀が生きてるうちに終わると思ってなかった。終わってほしくなかった」「うわぁぁぁ~ん! かかさず毎週会ってた友達がどこか遠いところへ転校していく気持ち」と聞こえてくるのは別れを惜しむ声ばかり。

中には「戦後の大衆文化の資料としてすごい貴重だと思う」「大量のアーカイブだから、何かしらの研究に役立ちそう」といった声も。

また『こち亀』終了について、舞台で両津勘吉を演じたラサールは「聞いたときはビックリした」「両さんを演じることで自分も元気になれて、活力をもらえていました。みんなの心の中にずっと両さんが残ってほしいと思います」とコメント。

さらに『キン肉マン』で知られる漫画家のゆでたまごは、自身のTwitterで「『こち亀』連載終了のニュースはかなりショック。

僕たちが37年間キン肉マンを描くモチベーションは秋本先生が続けてられていてそれを追っかけてたから 先輩寂しいよ~!!」と寂しさを爆発させたツイートを投稿した。

著名人、一般の読者、ありとあらゆる人から悲しみの声が聞こえているが、「こちら葛飾区亀有公園前派出所.COM」には「ご愛読ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう」と書かれた文字の下で暴れる両さんが描かれており、

「待て!! まだ終わりじゃないぞ!!」「こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いてほしかった』とか言いやがって」「うれしいけど」「9月17日のジャンプ こち亀40周年記念号をみんな読んでくれ!!」「読んでから言ってくれ!!!」「200巻も発売するから買ってくれ!!!」

と大興奮で大暴れして中川らに止められている。これには「両さんらしい! 最後も絶対読むよ!」「なんか元気出たわ! 有難う、単行本買うよ」といった声が。

だれもがずっと続くと思っていた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。突然の終わりに寂しさはあるものの、最後まで元気に両津節を効かせている両さんの言う通り、泣くのは最終話を読んでしっかりと笑ってからにしよう!

⇒「こちら葛飾区亀有公園前派出所.COM」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス