記事提供:R25

意中の女性を口説くなら、相手に好印象を持ってもらうことが大事。たとえばカラオケのシーンでは、女性の好感を得られる曲を格好良く歌い上げたいところ。では、男性諸君はどんな曲を“女性ウケ”すると思って歌っているのだろう。

25~34歳の男性会社員200人にアンケートを実施した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

“女性ウケ”を狙って歌うカラオケ曲TOP10

(2000年代にリリースされた27曲から複数回答)

1位 「粉雪」(レミオロメン) 25.0%(50人)

2位 「3月9日」(レミオロメン) 15.0%(30人)


3位 「キセキ」(GReeeeN) 14.0%(28人)


4位 「小さな恋のうた」(MONGOL800) 11.5%(23人)


4位 「らいおんハート」(SMAP) 11.5%(23人)


6位 「桜坂」(福山雅治) 10.0%(20人)


7位 「今夜月の見える丘に」(B’z) 9.5%(19人)


8位 「奏」(スキマスイッチ) 8.5%(17人)


9位 「女々しくて」(ゴールデンボンバー) 7.5%(15人)


9位 「天体観測」(BUMP OF CHICKEN) 7.5%(15人)


1位の「粉雪」は、4人に1人が“モテ目的”で歌った経験あり! 2位に「3月9日」がランクインし、甘いメロディとロマンチックな歌詞が特徴的なレミオロメンの曲が票数を集める結果となった。

なお、レミオロメンの曲を選んだ回答者からは、「盛り上がるから」(32歳)、「かっこいい」(32歳)、「一番自信があるから」(31歳)などの声が挙がった。

また、このほかの選曲理由は、「得意だから」(29歳)などの“歌いやすさ重視派”、「気持ちが伝わりやすい」(31歳)などの“歌詞(内容)重視派”、「明るい感じの空気になるから」(29歳)などの“雰囲気重視派”と、大きく三派に分けられる。

もしかしたら、これらの理由からその人の恋愛傾向をある程度うかがい知ることができるかも?ちなみに、上記のランキング曲以外で“勝負曲”として歌っている曲を聞いたところ、以下のようなコメントが寄せられた。

歌いやすさ重視派

「どかーん」(真心ブラザーズ)…「あまり歌が得意でないなかでも歌えるから」(29歳)
「楽園」(平井堅)…「無理なく歌える音域だから」(32歳)
「男と女の破片」(前川清)…「いい曲だし歌いやすい」(25歳)

歌詞(内容)重視派

「バンザイ好きで良かった」(ウルフルズ)…「感動と熱意をみせられるから」(32歳)
「Call me」(吉井和哉)…「優しさと寂しさを表現しているので」(32歳)
「栄光の架け橋」(ゆず)…「歌詞が好きで思いが強く伝わりそう」(27歳)

雰囲気重視派

「READY STEADY GO」(L’Arc~en~Ciel)…「盛り上がるから」(33歳)
「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)…「アニメオタクのカッコ良さをわからせるため」(32歳)
「タッチ」(岩崎宏美)…「ノリがよくて盛り上がるから」(30歳)

王道から変わり種まで、様々出てきたみんなの勝負曲。今後、意中の女性とカラオケに行くときの参考にしてみる?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス