出典 http://www.flowercarpet.be

ベルギーで2年に1度、”フラワーカーペット”という花好きにはたまらないイベントが、世界で最も美しい広場と言われる『グラン=プラス』で開催されます。

目にも鮮やかな80万輪以上のベゴニアで作られた巨大な花のカーペット。2016年のテーマは我らが『日本』でした。

世界遺産 グラン=プラス

Licensed by gettyimages ®

ベルギーの首都、ブリュッセルにある『世界遺産・グラン=プラス』その美しさは、世界的にも有名な『レ・ミゼラブル』で知られるヴィクトル・ユゴーが賞賛するほど。そして、ただ美しいだけではなくヨーロッパーの歴史に刻まれる場所でもあります。

グランプラスは、プロテスタントの殉教者達がこの地で火刑に処されたり、大同盟戦争では、砲撃を受け大半が破壊、放火されたりと、様々な苦難も悲しみの歴史も乗り越えてきたのです。

今、この歴史ある場所で2年に1度開催される『フラワーカーペット・フェスティバル』が話題になっています。

今年のテーマは『花鳥風月』

出典 https://www.instagram.com

2016年8月12日〜15日に開催された『フラワーカーペット・フェスティバル』のテーマは『日本』。テーマは『花鳥風月』80万本のベゴニアをはじめ、色とりどりの花たちが圧巻の巨大カーペットとなり世界一美しい広場に咲き誇ります。

日本とベルギーは,1866年に外交関係を樹立してから150周年を迎えました。日本への敬意を払った今年のフラワーカーペット・フェスティバル。

デザインは株式会社乃村工藝社のデザイナー、鈴木不二絵さんが担当。『自然の美しい景色に風情が感じられ、自然を重んじる風流にひたる』という意味のある『花鳥風月』この美しい『和』はベルギーっ子も大絶賛。見る人々の心を奪いました。

隙間なく埋めれらた花々。これ手作業なんですよ。本当にすごい!テーマは毎年変わります。ここで、過去の作品も一挙公開!

2006年 中世

出典 http://sworldnews.com

2008年 Savonnerie(石鹸工場)

出典 http://sworldnews.com

2010年 ヨーロッパ

出典 http://sworldnews.com

2012年 アフリカ大陸

出典 http://sworldnews.com

2014年 トルコカーペット

出典 http://www.ibtimes.co.uk

どこれもこれも素晴らしい!一面に敷き詰めえれる花々。この巨大カーペットは、ボランティアの手により、48時間という制限時間のある中で作られていくそうです。その大きさは、横24m×縦75m!

出典 http://sworldnews.com

男女関係なく小さな子供からお年寄りまで、写真、向かって右側の女の子、疲れてませんか?お疲れ様です。

出典 https://www.instagram.com

2年に一度しか行われないベルギーフラワーカーペットの光景はカラフルで、まさにアート。距離は遠くとも、150年も長きに渡り友好関係を続ける日本とベルギー。いつか、世界で一番美しい広場も、フラワーカーペットも実際に見てみたいですね。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス