河川などの水を貯留することを目的とした高さ15m以上の構造物となっているダムは、全国各地につくられており、ダムがあるおかげで洪水被害を減少させることが出来たり、私たちの生活用水を開発したりと、私たちの生活には欠かせない場所となっています。

水辺なので涼しさを感じることが出来ると、ちょっとした観光スポットにもなっているのをご存知ですか?

ダムを巡る方も年々増加しているのですが、コレクターにはたまらない、ダムを巡る理由があるというのです。

無料で貰える「ダムカード」

出典 http://www.mlit.go.jp

ダムカードとは、国土交通省から発行されており、ダムを訪問するともらえる、カード型パンフレットです。裏面にはマニアックなダム情報が記載されています。無料で貰えるとあって、ダムを巡って集めるというダムカードが大ブームとなっているというのです。

2016年9月現在、ダムカードは約500枚発行されており、ダムカードを集めるべく、旅行へ訪れたり、観光の一環になっており、コレクターが急増しています。

集めたくなる!という声も

たまたまダムカードに出会い、集めたくなる衝動に駆られたという方も。スタンプラリー感覚で集められそうですね。

貰えると嬉しい!

念願のダムカードを貰えると嬉しいですね。はじめての1枚は特に、思い出に残るでしょう。

趣味となっている方も

休日や大型連休などを利用して、ダムカード巡りをされる方も増えています。

ダムカード集めに北海道旅行

北海道の大自然をドライブしながらダム巡りをするというのも楽しいですね。

こんなレアカードも!

再開発カードは、今だけのレアカードですね!また工事が終わったら貰いに行く楽しみが出来るという魅力もあるのです。

庄原ダムでは、建設中バージョンが配布されていましたが、現在はダム工事は完成していますので、レアカードとなっていることでしょう。

建設中・工事中といったダムでは、レアカードを貰うことが出来ますので、あえて狙って訪れてみるというのも、おすすめです!

ダムには興味がないと思っている方でも、実際にダムを訪れてみると、ダムの魅力を知ることが出来て、ダムカードを集めたいという気持ちになるかもしれません♪

ダムカードは、ダムのファンの方の集まりで、ファンの方から提案されて作られたカードで、実際にダムカードを発行するようになってからは、観光客が増えたようです。

無料で貰うことが出来て、親子や恋人、友人とも巡る楽しみを持つことが出来るというところも大きな魅力となっているのでしょう。

何か新しいことを始めたいと思っている方は、ダムカード集めを始めてみてはいかがでしょうか♪

マンホールカードも注目されています!

出典 http://www.gk-p.jp

ダムカードに続き、人気を集めているのがマンホールカードです。
全国74箇所の自治体の役所で貰うことが出来るマンホールカードは、それぞれの都市のゆかりのあるデザインが描かれたマンホールとなっています。

カードを貰い、本物のマンホールを巡る方も!

マンホールカードの左下に書かれている番号をスマホの地図に入力することで、マンホールの場所の地図が表示されるようになっていますので、迷子になることなく、マンホールにたどり着けます♪

マンホールカードと同じマンホールを見つけられる喜びは大きいですね。

町の魅力を知るきっかけに!

マンホールを見ることで、その土地のことを知ることが出来ますし、カードと一緒にガイドブックを配ってくれるという地域もあるようです♪地元の方はもちろん、観光客にも嬉しいですね。

車がなくても巡れる!

ダムは、車でないと巡ることが出来ない場所にばかり設置されていますが、マンホールカードは電車+徒歩圏内で集めることが出来るようです。平日のみ配布のところが多いという点は、ネックですが、シフト制の方や、有休をとって平日に旅行へ行かれる方にはおすすめです♪

時間に融通の利く学生のうちに集めてみるというのも、マンホールカードのおかげで色んな地域を巡ることが出来て楽しめるでしょう。

ダムカードマンホールカードはどちらも無料なので始めやすく、カードを集めていなければ巡る事のない地域に行くことが出来たり、旅行をするきっかけになったりと、楽しみを見つけることが出来ますね。

秋になり、気温も少しずつ過ごしやすくなっていますので、行楽の秋を楽しむ一環で、始めてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス