僕は、他の誰かになりたいわけではありません。

他の誰かの人生ではなく、僕の人生を生きています。

それなのに、

「皆、ひな段に出てるんだから、オマエも出ろ!」と言われ続けてきました。

「なんで、芸人が絵本なんて描いてるんだ!」と言われ続けてきました。

世間の方々からはもちろんのこと、同業者からも。

最近では、

「なんで、肩書きをコロコロ変えるんだ!」とも言われました。

他の誰でもない、僕が全ての責任を背負う僕の肩書きなのにです。

同業者が叩くものですから、「西野は叩いてもいい存在」となったのか、まぁ、皆さん、躊躇することなくビシバシと。

挙げればキリがありません。

テレビやラジオ、その他、いろんな媒体で、その現場に僕がいないのに「キンコン西野は本当にイタイやつで…」という会話を目撃したことがあるかと思います。

もしかすると、この文章を読まれているあなたも、一度や二度は一緒に僕を叩いたことがあるかもしれません。

僕は、あなたの人生に1ミリも踏み込んでいないし、僕が何をしようと、あなたには何の危害もないのに、あなたは「お前は間違っている」と僕に言ったことがあるかもしれません。

ただね、嬉々として僕を叩いていた方々には誠に残念なお知らせですが、皆様が面白がって、散々っぱら僕を叩いて、僕に時間を使っていた間、僕は皆様には1秒も時間を使っておらず、僕は僕に時間を使い続けました。

数年間、毎日のことなので、僕に時間を使った方々と、僕に時間を使い続けた僕とでは、もう随分と差が生まれてしまいました。

加えて申し上げますと、僕はあまり大人しい性格ではございませんので、もし、「水に流してくれるだろう」と思われていたら、それは大間違いです。

この数年間、僕は「知るか!」と跳ね返すことはできましたが、僕を支えてくださったファンの方々やスタッフの方々はそうではありません。

ずっと、ずっと、「なんで、西野なんか応援してんの?」

と、なかなか肩身の狭い思いをしてきました。

僕は、僕のことを支えてくださる方々に、もう何年も肩身の狭い思いをさせてきてしまいました。

その間、ずっとずっと「大丈夫。面白いところに行けるから」と言い続けてきたものですから、ここで終わりにするハズがありません。

もひとつ言うと、『夢を語れば潰される』という風潮を、僕は認めません。

このたび、『えんとつ町のプペル』という絵本が完成しました。

4年半もかかっちゃいました。

『分業制』という初の試みです。

この作品を作るときも、やはり「一人で作れ!」なんてコトをたくさんの方々から言われました。

僕の作品なのにです。

嬉々として、叩いていた皆様へ。

おかげさまで準備は整ったので、今から、やり返しにいきます。

「やり返す」と言っても、これまで同様、皆様には1秒も使うつもりはありませんので、殴りにいくわけではなく、「置いていく」ということです。

叩いたことを黒歴史にして差し上げるということです。

よく、「ウォルトディズニーを倒す」というと鼻で笑われるのですが、僕は、ポジショントークで発言しているわけではなく、伊達や酔狂でもなく、ゴリゴリの大真面目に言っているので、一歩一歩確実にその場所に向かいます。

『奇跡』と『ハッピーエンド』がお好きなので、そこに向かいます。

『えんとつ町のプペル』で全て、ひっくり返しますね。

覚悟しておいてください。

10月末に発売する『えんとつ町のプペル』の発売を記念して、表参道にあるセゾンアートギャラリーにて、『えんとつ町のプペル展』の開催が決定しました。

んでもって、僕ときましたら、子供には異常に優しいので、この個展を入場無料にして、子供が自分の意思で自由に出入りできるようにしようと思います。

そんなこんなで、『えんとつ町のプペル展』を入場無料にするべく、クラウドファンディングを立ち上げました。

もし良かったら、一度、サイトを覗いてみてくださいな。

面白い景色をお届けします。

コチラ↓

えんとつ町のプペル展

これまで、しぶとく支えてくださったファンの皆様、スタッフの皆様、お友達各位、大変長らくお待たせいたしました。

面白いところに行きましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス