「すごい!」このニュースの動画を見て筆者は自然に口からもれていました。「本当この子すごい・・・」

少しだけイメージしてほしい・・・、ご自身が6歳だった場合、家に何人もの強盗が突如、斧を振り回し押し入って来て自分の目の前で強盗が、父親(母親)に斧を振り落とそうとした瞬間、自分はどうするのだろう・・・。

多分、殆どの人は恐怖で一歩も動けず、最悪な現状を目の当たりにしてしまうのだろうと・・・。わずか6歳なら無理もない・・・。

しかし、今回ニュージーランドのオークランドシティで起きた強盗事件に巻き込まれた6歳の少女は違いました。

彼女の名はサラ・パテル(Sarah Patel)ちゃん6歳、事件当日父親のスハイル・パテル(Suhail Patel)さんの経営する電気店に父娘の時間を過ごしていたのです。

そこで予期せぬ事が起きました。

出典 http://www.dailymail.co.uk

突然、6人の強盗がスハイルさんの電気店に押し入ってきたのです。

電気店の中を物色する強盗。

奥の事務室からお客さんを逃がそうとするスハイルさんと娘のサラちゃん

出典 https://www.youtube.com

(画面左)父親のスハイルさん(画面右下)お客さんを誘導するサラちゃん

この時、サラちゃんは店内にいるお客さんを奥の事務所に誘導し、事務所の出入り口から逃がしている様子が見られます。この時点で6歳の子供が取れる機転では無い事をやってのける姿に驚かされます。

それでも容赦なく襲い掛かってくる強盗

出典 https://www.youtube.com

奥の事務所に逃げ込んだスハイルさんとサラちゃんに気付いた強盗は、斧を振りかざしながらスハイルさんに向かっていきます。

「ハッ!お父さんが危ない!!」

出典 https://www.youtube.com

お客さんが外へ逃げたのを確認したサラちゃんは、その後とんでもない光景を見てしまうのです!強盗が今にも斧をスハイルさんの頭上めがけて振り落とそうとしているのです。
「お父さんが危ない!!」

筆者には音声の無いこの動画からこの瞬間、彼女の声が聞こえてくるようでした。

お父さんのところへ駆け寄るサラちゃん

出典 https://www.youtube.com

すぐさま、彼女は、お父さんのスハイルさんの元へ駆け寄ります。彼女の心の中ではこの時、自分が殺されてしまうという考えよりも父親を守りたいという強い思いのほうが勝っていたのでしょう。

強盗の足に掴みかかるサラちゃん

出典 https://www.youtube.com

一瞬、強盗がひるんだように見えます。

父親を案ずる、小さな6歳の女の子の姿にビックリしたのか僅かながら人としての心が一瞬、表に出たのかこの強盗は斧を振り下ろす手を止めたのです。

強盗はサラちゃんを振り払い斧ではなく足蹴りにしてその場を離れたのです。

出典 https://www.youtube.com

この後、強盗6人は電気製品などを奪って逃走したのですが西オークランド付近で追跡していた警察に捕まったのです。

捕まった5人の強盗犯は16歳の男子でした。今だ犯人の1人は逃走中との事です。

この事件でサラちゃんは「国内で最も勇敢な少女」と称えられる事に!

出典 http://www.dailymail.co.uk

各メディアはこぞってサラちゃんを「国内で最も勇敢な少女」、「彼女は恐れを知らない」など、称賛の声が鳴りやまない状況なのです。父親のスハイルさんも「娘の事を本当に誇りに思う」と話しております。そしてスハイルさんは話しを続けます。

「サラは普段から人々を助ける事を自然に行っています」「なので今回の彼女の行動にそんなに驚きはありません」
と・・・。スハイルさんは普段からサラちゃんに困っている人がいたら助けるようにと教えてきたのでしょう。

しかし、その日はさすがにサラちゃんもショックが大きく動揺した様子がしばらく治まらなかったとスハイルさんは話しております。無理もありません、大の大人でもこんな状況を目の当たりにして気持ちに整理がすぐつけらえるとは思いません。

この様子が下記の動画でご覧になれます。彼女の勇敢な姿をご堪能ください。
↓↓↓(1分半ほど)

出典 YouTube

今回の小さな救世主であるサラちゃん、まだあどけない表情の6歳の女の子ですが、今の時点でこんなに正義感が強いとはスハイルさんも彼女の将来が楽しみですね。

しかし今回の事件、筆者ならたぶん大事な継娘には自分の事は、ほおっておいて逃げて欲しいと思いました。

皆さんのお子さんは、いかがでしょうか?筆者は今度、継娘の前でプールでおぼれるふりでもしてみようかな・・・と。(たぶん、下手な演技がバレバレで筆者の事を助けてはくれないでしょう・・(笑))

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

お時間ありましたらこちらの海外ネタもどうぞ
↓↓↓

本記事の参考サイト
↓↓↓

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス