「乗客は自分だけ」こういうことは、ごくたまに起こるのですが、筆者自身には起こったことはありません。そして誰かがそんな経験をすると羨ましいなと思ってしまいます。まるで飛行機を貸し切ったかのようでなんだか得した気分になりますよね。そんなラッキーな経験をしたのは、イギリスのヨークシャー州に住むあるカップルでした。

キャリーさんとカイルさんは長いホリデーに出た

こちらのカップル、現在、カンボジア、中国、日本、マレーシア、タイとアジア各地を5か月間、くまなく旅してまわっている最中なんだそう。タイのクラビからマレーシアのペナンへ向かう飛行機の搭乗手続きをしていると、チェックインカウンターのスタッフが「今日はあなたたちにとって特別なフライトになるでしょう」と言ってきました。

キャリーさんとカイルさんが乗り込んでみると、乗客は自分たちたった二人だけだということがわかりました。実は、格安航空会社「Firefly」の乗務員にとってもこのようなことは初めてだったのだとか。互いに初めての経験ということで、ちょっと戸惑いながらもキャリーさんとカイルさんはまるでプライベートジェットに乗ったかのような気分を味わったそうです。

どこに座っても誰にも何も言われない~

Pinned from metro.co.uk

通路ででんぐり返しだってできる~

Pinned from metro.co.uk

なんだかはしゃぎたくなる気持ち、わかりますよね。滅多にないことを経験した二人は、思わず通路でダンスまで踊ってしまったそうです。乗務員も「どこに座っても結構ですが、座席でジャンプだけはしないでくださいね」と苦笑気味だったとか。

「最高の気分でした!」

1時間10分という短いフライトでしたが、少しでもVIP気分を味わえたようで、キャリーさんとカイルさんの笑顔からも十分満足した様子が伝わってきます。それにしても5か月間もあちこちを旅しているなんて羨ましい。

現在、ペナンに滞在中の二人ですが、これまでの日本の綺麗な景色や、その他アジアの美しい風景は彼らのInstagramにたっぷり収められています。覗いてみれば、あなたも旅した気分になるかも⁉

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス