記事提供:CIRCL

トレーニングジム「ライザップ」のインパクトあるテレビCMを一度は見たことがあるだろう。おなかがぽっこりと出て自信なさげにたたずんでいた人が、割れた腹筋姿で堂々と登場する姿は、自分の体形に自信が持てると人は笑顔になるのだと実感させられる。

さて、あのCMのようにステージに立って自分の体を堂々と見せられる体ならどんなにいいことかと思うが、自分の体に自信がある人はそれほど多くはなさそうだ。

女性の75%が自分の裸が好きではない

ダイエット食品やダイエットサポートプログラムを提供しているアメリカの企業「Weight Watchers」がイギリス人の男女2,000人を対象に調査を行った。なんと75%もの女性が自分の裸が好きではないと回答した。

また、66%が自分の体形を恥ずかしいと思っていて、60%は鏡で自分の体を見ないようにしているということだ。そして、27%がセックスの際、電気を消したがるのだそうだ。理由はもちろん、自分の体形を相手に見られないように…(※1)。

海外では水着も露出度の高いものが多いし、自分の体形に自信がある人が多いのではないかと思っていたが、意外にも自信がある人が少ないことに驚く。

理想の体形のポイントは腹筋と引き締まったお尻?

では、女性が理想とする体形はどのような体形なのだろうか。体重が少ないことなのか。それとも見た目が細いことなのか。自分が理想とする体重だったとしても、見た目が細かったとしても、ある2つのポイントが納得いかないと自分は理想的な体形ではないと感じる女性が多いそうだ。

ポイントはお腹とお尻だ。ウエストが細くてもおなかがぽっこりと出ている。ヒップが薄くても垂れている。つまり、おなかとお尻が引き締まっていないと、自分の体に自信が持てなくなってしまうのだ(※2)。

なんとなく、今の自分の体形には納得がいっていないと感じている人は、まずは腹筋を鍛えることとお尻をきゅっと引き締めるトレーニングからスタートしてみると、自分の体に対する気持ちが少しずつ変わってくるかもしれない。

自分のありのままの姿に自信を持って!

理想体形に近づけるポイントを紹介させていただいたが、もっと笑顔になれるポイントがあるようだ。今回調査したWeight Watchersは新たに雑誌を創刊するということだが、編集長は自分の裸に自信のない女性が多かったことについて不安を覚えたそうだ。

そして、自分のありのままの姿に自信を持ってほしいとして、創刊号の表紙を6人の裸の女性の後ろ姿で飾るということだ(※1)。モデルのような体形の女性ではない。

ちょっとお尻の垂れ下がった、どこにでもいそうな、もしかしたら自分も同じかもと思えるような体形の女性たちだ。今のありのままの自分に自信が持てたら、もし理想的な体形に変われたら、もっともっと笑顔になれる、そんなメッセージが込められているのかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス