「マンマ!ママ!パパ!ワンワン!」

1歳半の息子は、色々な言葉を話せるようになりました。次は、どんな言葉を覚えるのかなぁと新しい言葉を話す日を楽しみにしていました。しかし、そんな時に覚えたのはびっくりする言葉だったのです。

1歳半を過ぎたある日、お気に入りのDVDを見ていました。全部、見終わった時に「あ~あ、終わっちゃったね。」と私が言おうとすると、息子が「あ~あ!あ~あ!」と言うのです。

びっくりして、最初は耳を疑いました。その時は「気まぐれに言ったのかな?」と思いましたが、それからDVDを見終わると必ず言うようになったので、どうやら気まぐれではないようです…。

考えてみると、私だけではなく主人も「あ~あ、こぼしちゃったねー。」とよく「あ~あ」と使ったりするので、私たちの口ぐせを覚えてしまったようなのです。息子の初めての口ぐせが「あ~あ!」とは、なんとも情けない気持ちになりました。

どちらかと言うとマイナスイメージの強い言葉なので、「『あ~あ』を口ぐせにしてはいけない!」と思うようになり、極力その言葉を使わないように、他の言葉に置き換える日々が続きました。

しかし、1度覚えてしまったものは、払拭するのが難しいようです。何かにつけて「あ~あ!」と頻繁に言うようになってしまいました。

この「あ~あ!」の出番は多く、あらゆる場面で口にします。電車やバスが通り過ぎたら、残念な「あ~あ」。食べ物をこぼしたり、落とした時の失敗した「あ~あ」。そんな時ふと、息子が「あ~あ」という言葉の意味をちゃんと理解し、使っていることに気がつきました。

最初はなんとも情けない気持ちになったりしましたが、言葉を上手に選び、使って、発音もイントネーションもバッチリ!な息子。こういうのを「親バカ」と言うのだろうなと思いつつも、上手にしゃべる頭の良さに感動すら覚えました。

「他にはどんな言葉をしゃべってくれるのかな?」と楽しみにしていましたが、大半はいまだに意味不明な言葉を話しています。時々、宇宙と交信しているの?と心配になるほど1人で意味不明な言葉を延々と話すこともありますが、話す練習をしているのだろうなと思っています。

寝ている時も1人でぶつぶつと練習しているので、たくさんお話できる日も近くなってきたかな?とわくわくしている今日この頃です。

著者:ぴよモン
年齢:30代
子どもの年齢:1歳7か月

1歳男の子のママです。元気いっぱい!愛嬌たっぷりのわが子がかわいくてたまりません。自己主張が激しくなってきました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐみんなの体験記のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス