記事提供:日刊大衆

8月30日、アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の“ももち”こと嗣永桃子(24)が、バラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でアクセサリーが嫌いと発言。これに男性視聴者から絶賛の声が上がっている。

同日、番組の人気ファッションコーナー「格安コーデバトル」に参加した嗣永。

「夏の軽井沢女子旅」をテーマに、ファッションモデルの大屋夏南(28)と相談しながら、紺のセットアップにブルゾン、ゴールドのアクセサリー類というコーディネートを決めていった。

そしてコーナー最後のお披露目の場面で、「自分では取り入れないものは?」と藤井恒久アナウンサー(47)に聞かれると「全部そうです。イヤリングとかも、アクセサリー自体ふだんしないので」と返答。

さらに「なんでふだんアクセサリーしないんですか?」と聞かれると、「え、邪魔」と、きっぱりとした口調で言い切った。

これには男性ファンから、

「アイドルなのにアクセ嫌いとか言ってしまうももち、かっこいいな!」
「あんだけ可愛いくてぶりっ子なのに、意外とサバサバしてるのがももちの魅力」
「藤井も言ってたけど、アクセつけなくても輝いてるからな!」

など、これまでの“ぶりっ子キャラ”とのギャップに意外性を感じた人からの感想が多く上がった。

「嗣永の通っていた大学は、偏差値が60以上ともいわれている国学院大学ですし、教育実習でまじめに授業も受けて教員免許も取得しています。またきゃしゃに見えますが、筋肉がたくましく、ノースリーブの衣装でのパフォーマンスでは上腕二頭筋の盛り上がりがすごいとファンにはおなじみです」(アイドルライター)

女の子らしい容姿やふるまいに対して、ときおりかいま見える意外な男らしい素顔がファンにはたまらない様子。

昨年10月の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、“シノラー”からの脱却を果たした篠原ともえ(37)に「キャラのやめどき」について真顔で相談していたが、どうやら無事に新たなステップへ進んだようだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス