前回は電車で会った「味方のようで敵だよおばさん」を紹介しましたが、電車には嫌な人しかいないわけではありません。面白い人に遭遇することもあるのです。

今回は息子の未来について予言(?)をしてくれた不思議な人々について紹介したいと思います。

ナゾの顔相見のおじさんのアドバイスとは!?すいません、次回に引っぱります。ところでふと思ったのですが、体を壊して顔相見を引退って、占いってそんなに体を酷使するお仕事なんでしょうかね~。

路上で占いしてて、寒さで体を壊したとか?人々の悩み相談を受けるうちに体も心もやられてしまったとか?このときは健康そうに見えたけど、病気にかかりその後復活したってこと?ああ、おじさんの人生が気になりすぎるよ!!

というわけで、次回につづく。次回は、息子が言われたセクシャル方向での予言(?)についても描きますよ。

著者:カワハラユキコ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:4歳

イラストレーター。道楽者の男子母。著書に『女子が踊れば!』(幻冬舎)、『王子と赤ちゃん』(講談社)、『うわばみ妊婦』(マイナビ)、『週末プチ冒険はじめました』(KADOKAWA)。阿佐ヶ谷銭湯部主宰。ブログでは、道楽いろいろや息子ぽっちんの育児などについて、思いつき更新中。

ブログ:http://ameblo.jp/new-kaityo/

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤すぐみんなの体験記のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス