フランスで論争が繰り広げられている「ブルキニ」問題。みなさんはご存知でしょうか。そもそも、ブルキニという言葉自体が聞きなれないように思いますが、オーストラリア在住のレバノン系オーストラリア人デザイナーによって10年以上も前に考案されたもので、イスラム教の女性信者向けの水着とされています。

ブルキニ=ビキニ+ブルカ

Licensed by gettyimages ®

「ブルキニ」はイスラム教信者の女性が体を覆う「ブルカ」とビキニから作られた造語で、顔と手足の先しか露出しないブルキニは、イスラム教の戒律に沿ってデザインされた女性の水着です。

イスラム教信者の女性だって海へ行きたい。そんな希望を叶えたのがこのブルキニというわけですが、現在、このブルキニがフランスで大論争となっています。

このブルキニは、現在、イスラム教信者だけでなく日焼け防止のために着る女性や、元皮膚がん患者なども着用しているために一概に「ブルキニ=イスラム教信者のもの」とは言えなくなっています。

実際に、イギリス人料理家のナイジェラ・ローソンさんも先日ブルキニ姿でビーチにいるところをカメラが捉えています。

ビーチで少々異様ではあるものの、個人の自由

「家庭の女神」と言われる官能的な色白ボディで料理を披露するナイジェラさんは、イギリスでも人気の料理家ですが、彼女はイスラム教徒ではありません。色白ボディの日焼け防止にブルキニを着用していた、ということだそうですが「そこまでするあらビーチに行かなければいい」という批判的な声も上がっている様子。

そういう声が上がると、これはもはや人権問題に関わってきます。このブルキニがフランス15の自治体で「着用禁止」となってから、人権侵害だという波紋が広がりフランス国務院は「基本的自由を侵害する深刻かつ明白な違法行為」と主張。

現在は裁判所が「ブルキニ禁止令」に凍結判断を出しているということですが、先月はフランスのビーチで、ブルキニを着た女性が警官に無理やり脱がされるという出来事もありました。

そもそも、ブルキニ禁止令を出した理由は、パリの同時多発テロ始め、7月14日の祝日「バスティーユ・デー」にニースで発生したテロがきっかけとなって「ブルキニを着ているとイスラム教徒だとわかってしまうから、罪のないイスラム教徒が攻撃される危険を防ぐため」という理由で禁止令が出されたのですが、ブルキニを強制的に脱がされるとあっては「人権侵害」と訴えるのも無理はないでしょう。

確かに、ビーチではビキニ女性のイメージだが…

Licensed by gettyimages ®

私たちは、ビーチというと女性でいうなら水着姿を思い浮かべ、その水着はビキニ姿というのが一般的ではないでしょうか。ブルキニのように、手足と顔しか露出していない全身を覆った「水着」は、正直ビーチでは奇抜に見えるでしょう。でも、いろんな国のいろんな文化があり宗教があるために、ブルキニはあくまでもイスラム教徒の女性にとっては普段、ブルカやヒジャブを身に着けるのと同じ感覚なのではないでしょうか。

ブルキニを着ているからといってそれを法律で禁止するということは「テロとは関係のないイスラム教徒の人がそうだと間違われないように」という趣旨とはかけ離れている気がします。この禁止令は、イスラム教徒以外の人に不快感を与えないためでは?と思う人がほとんどなのではないでしょうか。

根底にある「宗教差別問題」が浮き彫りになっているブルキニ禁止令。先日、ロンドン在住のある男性が英紙「ザ・ガーディアン」にこのような投書をしたことで話題になっています。

「ブルキニがダメなら、スーツもダメでしょ」

出典 https://www.facebook.com

ヘンリー・スチュワートさんという男性の投書は以下の通り。

「ブルカやヒジャブ、ブルキニを着た女性が私に危害を加えたことは一度もない。でも、私はスーツを着た男に何の説明もなく解雇され、年金や基金に何千ポンドも投資をさせられて損をした。

スーツを着た男たちは、私たちを悲惨で不当な戦争に導いた。スーツを着た男は銀行を操り、世界の経済を破綻させた。スーツをきた男たちは財政を厳しくすることで、私たちを惨めにさせている。

私たちが、何を着たらいいのか討論し始めるなら、ブルキニではなくスーツを禁止するべきではないのだろうか」

「全く持って正論だ」と賛成の声が

Licensed by gettyimages ®

このスチュワートさんの投稿には、「正論だ」と賛成の声が多くあがっています。何を着るのがダメと討論をすることは、結局は人権侵害に他ならないのであり、ブルキニを着ているからといって「脅威」と判断するならば、多くのスーツを身に纏った男性が、現実社会でどれほど多くの人を苦しめているかを知るべきであり、それこそが「脅威」だとスチュワートさんは訴えています。

テロの脅威で苦しんでいるのは純粋なイスラム教信者も同じ。彼らの苦しみを理解するということを示すためには、やはりこうした「ブルキニ禁止令」でイスラム教徒の女性を苦しめるのは良くないと思う筆者。少なくとも、強制的に脱がせるという行為は人道的にあってはならないことではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス