時々、「日本にはまだ侍がいる」「主食が寿司で毎日食べている」など、海外メディアなどで日本に関する間違った情報が流れることってありますよね?島国で独特の文化を育んできた日本の雰囲気が、海外の方からするとミステリアスに思えて、色々な誤った情報が発信されているのかもしれません。

今回紹介するのは、そんな間違った日本の情報に関する動画「Oh!Amazing Japan」です。しかもその動画でテーマになっているのはなんと「空手」。日本古来の武道である空手は一体どのような紹介をされているのでしょうか?

1. 空手が日本の生活に深く浸透している

出典 http://lo.ameba.jp

動画が始まるとすぐに、リポーターの口から「空手が現代日本の生活に深く浸透している」との言葉が発せられます。

ちょっと待った!開口一番、ちょっと待ったと言わせていただきたい!確かに空手は日本で愛されているスポーツだと思いますが、生活に深くは浸透していないですよね…。

これは…動画序盤からなんだか怪しい雰囲気が漂ってきました。

2. 「形」の演武でタクシーを止める

出典 http://lo.ameba.jp

し・ま・せ・ん!

「しませんから!道端でそんなことしていたら、逆にタクシー止まってくれませんから!」

出典 http://lo.ameba.jp

「勝利した方がタクシーに乗る権利を得る」らしいです。

街のそこら中で演武が披露される国ってどんな国なんでしょう。

3. 空手ファンの服装がおかしい

出典 http://lo.ameba.jp

空手ファンの服装が誤解されています。

出典 http://lo.ameba.jp

えーっと…、どうしてこうなった?こういう空手ファンもいない訳じゃないだろうけど…。

4. 空手のアニメが大人気

出典 http://lo.ameba.jp

「ライバル校の黒帯女子に勝つために、私たちは放課後も練習を欠かさないんだからっ!」って、空手を元にした「カラテ!」なるアニメまで登場しちゃったよ!

でもこれは正直…ちょっと見たいかも…、

出典 http://lo.ameba.jp

はい出ました。空手ファンがまた出てきました。(笑)アニメの舞台を聖地巡礼って、この人たち、もはや空手ファンじゃなくてただのアニメファンでは!?

5. 「組手」が名刺交換代わり

出典 http://lo.ameba.jp

「ないないないない!名刺交換の代わりに組手なんてしませんから!初対面の、しかも目上の方と組手なんて、万が一拳が当たってしまったら…その時点で商談不成立ですよね!?

出典 http://lo.ameba.jp

でも理由は一見もっともらしいように思えます。

一緒に汗をかけばより親密になれるっていうこと…なわけないでしょ!

6. 「組手してみた」が大人気

出典 http://lo.ameba.jp

これは…ありそう!!「組手してみた」から生まれた空手女子が空手アイドルグループとしてデビューなんて流れが生まれそうではないですか?

動画サイトでは「歌ってみた」や「踊ってみた」といった「やってみた」動画が流行っているので、こちらも4のアニメと同様にそのうち本当に実現するかもしれません。

出典 http://lo.ameba.jp

絶対にないと言えるものと、もしかしたら実現するかも…と思えるものが絶妙に混ざっていて、よく分からなくなってくるこちらの動画。

沢山あるツッコミどころに注目して、ぜひご覧下さい。

出典 YouTube

みなさんも存分にツッコミたくなったであろうこちらの動画、実は2020年開催予定の東京オリンピックで空手が正式競技になったことを記念して作られた映像なのです!

空手女子の正体に気づいたあなたは空手ファン!?

出典 http://lo.ameba.jp

なんと、『組手してみた』に登場した女性は、2015年の「全日本空手道選手権大会」で女子組手個人戦において優勝した植草歩選手だったのです!

なるほど。一見するとただのおもしろおかしい動画かと思ってしまいましたが、東京2020オリンピック競技大会の正式競技となった空手の認知度アップのために、現役の選手をはじめ、空手に関わる人々が協力して作った意外に(?)まじめな動画だったんですね!

今回紹介した「Oh!Amazing Japan」のほかにも、2012年の「世界空手道選手権大会」で優勝した宇佐美里香選手や、若干7歳で黒帯保持者となり、全国少年少女空手道選手権で4連覇中である天才空手少女・高野万優選手が登場する動画も用意されており見所満載ですので、是非あわせてご覧下さいね!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス