記事提供:Compathy Magazine

こんにちは!Compathy Magazineライターのアオノトモカです。日本で生まれ育った人にとって、英語の習得はとても難しいですよね。私も英語の習得には何年もの間、時間と努力を費やしてきました。

英語が話せると、雇用機会が増えたり、給料が上がったり、様々なメリットがありますが、そうした経済的なメリット以上に、「英語は人生を豊かにしてくれるもの」だと思います。英語が使えると得られる「情報」が驚くほど豊かになるのです。

情報量が違う

英語は世界の共通言語として、多くの国で通用します。多くの情報は英語で伝えられ、その情報量は日本語の情報量とは比べものにならないほど膨大です。

例えばもしあなたが英語でコミュニケーションがとれる旅人なら、旅の途中で出会った他の旅人と情報交換をすることができます。さらに英語の記事を読めたら、日本語の記事には載っていない旅の情報を得ることができます。

情報量が多いということは、選択肢が増えるということです。英語が話せると、旅行先自体や旅行先での過ごし方の選択肢がぐっと増えて、旅はますます楽しくなります。

多角的視点からの情報を得られる

情報量が多いということは、同じトピックの情報に対して様々な視点から述べられていることも多いということです。日本語の情報は通常、「日本人から見た情報」ですが、英語の情報は様々な国、様々な立場の人によって、捉えられ方が異なります。

一つの視点からの情報しか得られなければ、ものの見方が偏りがちになってしまいます。日本で、日本語で、日本人に向けて発信される情報は、時に意図的に、そして時に意図せずに、フィルターがかけられて偏った情報になっている場合も多くあります。

様々な視点からの情報や意見を理解することで、より視野を広く持ち、「自分の視点」を持てるようになります。

情報スピードが違う

海外で起こっていることの最新情報は、多くの場合英語でまず伝えられます。ニュースやその他の情報が日本語に翻訳され、発信されるまでにはタイムラグがあります。一方、英語で発信される情報を理解できれば、常に最新の情報を得ることができるのです。

世界で起きている事件や事故の情報をいち早く理解することは、あなたが旅人であってもビジネスマンであっても大切なことです。また、海外の映画やドラマを、字幕版を待たずして楽しむことができるのも、エンタメ好きの人には大きな利点ですね。

より多くの人に情報発信ができる

今まで述べてきたのは自分が受け取る情報についてですが、自分が発信する際も英語はとても便利です。自分の意見やアイデアを発信するときに、日本語だけでなく英語を使うことができるとより多くの人たちに発信することができます。

より多くの人たちに発信できれば、より多くの人たちからフィードバックをもらえる可能性が広がります。世界の人は自分が想像もしないフィードバックをくれるかもしれません。

それによりさらに自分のアイデアを磨いたり、考え直したりすることもできます。そこには無限の可能性が広がっているのです。

英語で人生を豊かに!

「英語」は知識の泉へ続く扉の鍵です。そしてその知識の泉は、あなたの人生を間違いなくより豊かなものにしてくれるでしょう。鍵を手に入れるには、努力が必要です。

しかし、鍵を手に入れて知識の泉に触れたとき、あなたは間違いなく「努力してよかった」と思うでしょう。知識の泉には、それだけの価値があるのです。さぁ、今すぐ英語の勉強を始めて、人生をより豊かにしてみましょう!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス