カレーいなり寿司 108円

「Sushi Avenue K’s」(スシアベニュー ケイズ)が、カレーライスといなり寿司を融合させた「カレーいなり」を販売し、老若男女に愛される「新しいいなり寿司」として評判を呼んでいる。

もともとグループ店の「味燈京樽」が販売していたカレーいなりだが、現在は「Sushi Avenue K’s」でのみ販売している。

・味を喧嘩させない工夫

当たり前の常識として、カレーは辛い、いなり寿司は甘いというイメージがある。もちろんその通りで、どちらとも相反する味をしているはずなのだが、融合することにより味が喧嘩することなく、不思議な調和を生み、絶妙な美味しさを生んでいる。

・辛くないけどカレー特有の風味

カレーといなり寿司が融合した味は「甘さ寄り」。なぜならば、カレーを辛さで表現するのではなく、カレー特有の風味をターメリックで表現しているから。まったく辛くなく、むしろ強い甘さを感じますが、ターメリックの作用なのか、しつこさをまったく感じさせません。

・甘口で子供にも喜ばれるテイスト

カレーいなりと聞いて「激辛系を期待していたのに!」という人には残念ですが、これはこれで美味しく食べられます。大人はもちろんのこと、甘口で子供にも喜ばれるテイストをしており、ここまで幅広く愛されそうな味は希少なのではないでしょうか。

・いなり寿司は料理の形式のひとつ

「これはいなり寿司じゃない」と思う人もいると思いますが、まったく新しい「いなり寿司の可能性」を感じさせてくれる画期的な存在なのは間違いありません。いなり寿司は料理名であると同時に、料理の形式のひとつ。

そう考えれば、お揚げに米や具を詰める料理を「いなり寿司式」と呼んでもよいのではないでしょうか。

出典 YouTube

スシアベニューK’s
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店
時間:10:30~20:00
休日:伊勢丹新宿店に準ずる

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス