記事提供:いいモノ調査隊

ついに世間では夏休みが終わってしまいましたね。海水浴や旅行で、肌が小麦色に焼けてきた人を見るとうらやましいです。筆者は日焼けをしても黒くなりにくい体質で、1年中肌の色が不健康そうなのが悩み。

どこにも出かけていないのかと思われるし、太って見えるし、ハーフパンツで白い足を出すのも恥ずかしい…。ところが今回、そんな筆者にもってこいの秘密道具を見つけました! 日に当たらずに肌を小麦色にできる「ブロンズターナー」です。

ブロンズターナー セルフタンニングローションです。

なんと、これを塗って一晩待つだけで、小麦色の肌が手に入るという一品。すごくないですか? 普通に焼こうと思ったら、時間はかかるし肌は痛くなるし、皮がむけてきちゃうし…なにより紫外線を浴びることによるお肌への悪影響が心配ですよね。

でもこれなら、塗るだけで日焼けをしたような肌になれるんです!でも、本当にそんなうまい話があるのでしょうか? 塗るだけで黒くなるなんて、ムラになったり不自然だったりするんじゃないのか? 

このブロンズターナーがいいモノなのかどうか、今回は筆者の「足」で実験してみます(水着美女を期待していた方、申し訳ありません。わたし、アラフォーのおっさんです)。

これがアラフォーのおっさんの足だ!

左足にだけブロンズターナーを塗ってみます。使い方は簡単。入浴後などの清潔な肌に、クリームを均一に伸ばすだけです。

手にブロンズターナーが付かぬよう、手袋も付属しています。

色は無色。ニオイもほぼありません。

左足だけに塗ってみました。はたして黒くなるのか。

塗った感じはサンオイルのようで、すぐに肌になじみます。塗った直後は何の変化もありません。この後、12~24時間待つとのことなので、説明のとおりこのまま朝まで待ってみると…

左右で色が違う!

一度塗っただけでも健康的な色になりましたが、もう少し濃くしたかったので2日目も同じようにブロンズターナーを塗ってみました。すると…

全然色が違う!!

みごとに肌の色が小麦色に。こんなにきれいで自然な小麦肌になるとは想像以上でした。こうなると、右足が異常に不健康そうに見えてしまいますね。

やはり男はちょっと焼けているくらいがかっこいい! ちなみに小麦肌になる仕組みとしては、肌の角質層を染めているので、たとえばボディーソープをつけてこすっても落ちることはありません。

左足のほうが健康的に見える!?

今回は2度塗りましたが、3日たっても色落ちすることなく、肌の色をキープすることができました。肌のターンオーバーの周期に合わせて、約1週間で自然と色が薄くなっていくので安心してください。

逆に、色を持続させたいなら定期的に塗り重ねると小麦肌をキープできますよ。日に当たらずに黒くする、ブロンズターナー、なかなかおもしろい商品です。やはり筆者としては、男性は少し焼けているくらいのほうがかっこよく見える気がしますね。

ちょっとは引き締まって見えますし!さて、今回ブロンズターナーを試してみて、注意点をいくつか。

・色ムラについてなるべく均一に塗ることをおすすめします。

今回、足先はやや雑に塗ったため、よく見ると色ムラがわかってしまいます。数日間にわたって、全体になじむように塗ることがポイントです。

よく見ると色ムラが。

・色落ちについて

ブロンズターナーを塗ってから1週間ほどたつと、服や衣類とこすれるところから色が落ちていきます。そういったこすれる部分はわかりやすく落ちていくので、これはブロンズターナーを塗る前にある程度覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

剥がれるように色が落ちていきます。

ちなみにブロンズターナーを塗って10日ほど経過したところ、きれいに元どおりの肌に戻っていました。

跡が残ることもなく、きれいに元どおり。

本当の日焼けは紫外線を浴びることで皮膚を守るために表皮全体のメラニン色素が増え、黒くなる仕組み。これはシミ・そばかす・シワの原因ともいわれており、あまり肌にいいとはいえません。

それに比べてこのブロンズターナーは、肌の角質層だけを小麦色にするため、肌を傷めてしまうということはありません。正直、ここまで自然にクオリティーの高い小麦色に染まるとは思っていませんでした。

この夏、旅行に行ってきたと言い張りたい方、青白い肌にお悩みの方、痩せて見せたい方など、チョットの期間だけ小麦色の肌にしてみたいときにいいかもしれませんね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス