記事提供:TOCANA

出典 http://www.mori.art.museum

今年下半期大注目の展覧会『宇宙と芸術展』が、六本木ヒルズの森美術館にて、来年1月9日まで開催される。

森美術館の大きなテーマ展といえば、『医学と芸術展』(2009~2010年)や『LOVE展』(2013年)が記憶に残る。どれもキュレーターがテーマに沿って世界中から作家や作品をチョイスして展覧会全体を構築する大掛かりなものであった。

今回の『宇宙と芸術展』は、昨今注目されている新宇宙時代の到来に呼応したものだが、科学技術展ではなく、あくまで美術文化史的なものであるという。

宇宙という壮大すぎるテーマのために集められたのは、古美術から現代アート、貴重な歴史資料から最新の宇宙科学まで、芸術作品とそうでないものが混在する展示に戸惑う鑑賞者もいるかもしれない。

だが、それこそがネット時代に世界の巨大展覧会の支流となっている“百科全書的”や“驚異の部屋”ともいわれるスタイルである。

展示全体は4部構成となっている。

最初に東洋の宇宙観や西洋近代の天文学を一望し、セクション2で宇宙と現代アートのかかわりを探り、セクション3で宇宙人という新たな生命感に思いを馳せつつ、最後のセクション4では現代の宇宙開発の現状とさらなる宇宙観や人間観の変化を予見する。

出展数約200点、展覧会の内容をさらに順を追っていこう。

「セクション1:人は宇宙をどう見てきたか?」

■多次元宇宙(マルチバース)を先取りした曼荼羅の魔力

会場に入ると、東洋の宇宙観から展示が始まる。ここで取り上げられているのが、特に曼荼羅である。

キュレーター椿玲子の説明によれば、たとえば、室町時代の《両界曼荼羅》は9つの宇宙から出来ており、現代の宇宙科学で語られるマルチバース(多次元宇宙)の先取りとも読み解けるという。

そこには東洋における卓越した宇宙観や物事に対する深い観察力をみてとれるのだ。そのような東洋の宇宙観を反映しているものとして、インドの《グヒヤサマージャ立体マンダラ》や向山喜章らの現代の作家たちの作品も並ぶ。

それに続くのが、江戸時代の天文学。映画『天地明察』でも描かれた渋川春海が天文観測によって作った天体図をみれる。

それまで、日本は主に大陸からもたらされた天文学資料に頼っており、日本独自の天体観測データは正確に残してこなかったという。また、珍しいところでは鉄隕石から作られた《流星刀》もある。

そして、なんといっても日本最古のSF小説といわれる《竹取物語》が素晴らしい。月から来た女性が描かれていたことから、日本人が古くから宇宙に思いを馳せてきたことがよくわかるのだ。

さらに、西洋近代科学の天文学についてのコーナーが続く。レオナルド・ダ・ヴィンチの天文学についての手稿の他、ガリレオ・ガリレイの望遠鏡などもある。

ここで注目なのが、中世のオカルト体験談などを絵画や立体作品にして、現代に蘇らせているローラン・グラッソの一連の作品である。

彼は昨年、東京のエルメスでも同様の展示をして話題となっており、その作品はユングの空飛ぶ円盤の研究を彷彿とさせるもので、人類は過去においてもずっと不思議なものを空にみてきたのだと痛感させられる。

「セクション2:宇宙という時空間」

■現代アートが作り出した“宇宙”

ここでは、最新の宇宙理論を作品に取り入れる現代アートの作家たちのスケールの大きな作品が並ぶ。

中でも、ブラックホールを木材や蛍光灯といった身の回りの素材を組み合わせ、巨大なインスタレーションに仕上げたビョーン・ダーレムの作品や、日時計からヒントを得て太陽の動きを機械仕掛けで再現するコンラッド・ショウクロスの作品が印象に残る。

写真作品では、大御所アンドレアス・グルスキー、ヴォルフガング・ティスマンス、トレヴァー・パグレンらのものに、新たな宇宙の見方を見出している。中国の画家ジア・アイリのストイックな筆使いにも、宇宙へのこだわりがみえる。

「セクション3:新しい生命観 宇宙人はいるのか?」

■うつろ舟資料に滲む宇宙人との遭遇の衝撃

その先には、宇宙人のコーナーがある。Tocana読者が最も気になるのもここだろう。そして、真っ先に引き寄せられるのが、江戸時代のUFO現象として、世界的にも知られる「うつろ舟の蛮女」である。

当時のかわら版などの資料をこういう形で観られるのは貴重だ。先に紹介した現代アートローラン・グラッソによる、うつろ舟にちなんだ作品も展示されている。

作家・荒俣宏によるSFマガジンコレクションもマニアには嬉しいところ。さらには、空山基の《セクシーロボット》が未来の人類の可能性を示してくれるのだ。

「セクション4:宇宙旅行と人間の未来」

■宇宙がリアルになったとき、米ソ宇宙開発競争と21世紀の新宇宙時代の到来

世界で初めて有人宇宙飛行に成功したのは、ソ連ロシア)だった。ここでは宇宙開発の父といわれるロシアのコンスタンチン・ツィオルコフスキーのドローイング、米ソの宇宙飛行士の記録写真などを通じて、宇宙開発の歴史を見渡していく。

そして、現在は、火星有人飛行も計画されている。火星の氷を利用して建設する《マーズ・アイス・ハウス》など、サイエンス好きが喜ぶのはこのセクションだろう。

そして、最後は、日本のチームラボによる映像と音楽とのインララクティブな体感作品でまとめている。

ざっと、展示内容をみてきたが、展示期間中は、さらに「宇宙から地球を観る」と題された映像企画展が併設され、スプツニ子!らを始めとする映像作品を観ることができる。

展示内容をさらにディープに楽しむための音声ガイドは、「宙(ちゅう)ガール」こと、篠原ともえが担当。

彼女は、2014年に「小惑星Shinohara」(小惑星番号14555)が国際天文学連合で学術名として正式登録ほどの宇宙好き、『宇宙と芸術展』の盛り上げ役も務めている。

森美術館が全力で臨む『宇宙と芸術展』、ローラン・グラッソ、うつろ舟、コンスタンチン・ツィオルコフスキーと、Tocana読者のハートをがっちり掴む貴重な作品を取り揃えているのが嬉しい。

今回の展示でなければ、みれないレアアイテムも多く、ちょっとした予習をするか、数回訪れる気構えで臨むと、あなた自身の“宇宙観”に激変が起こるかもしれない内容だろう。

展示全体を総括するなら、あらためて、ルネサンス期から近代へ、天動説から地動説へと西洋の宇宙観が激変することから、世界も大きな変化を迎えたことを思い起こす。

そして、モダンからポストモダンへと激変の時代の渦中にある今、「人間とは何か」という人間観そのものが大きく変わりつつある。そのことは、人間と宇宙とのかかわり方にも大きく影響している。

宇宙はいまや夢の世界ではなく、殺伐とした過酷な世界として、待ち構えている。だからこそ、人類ではなく、機械(ロボット)が最果ての宇宙の旅に望み、最終的に地球外生命体と出会うのは、機械であるかもしれない。

この展示は、来たるべき未来を予見すると同時に、僕らに新たな時代の到来を気づかせる展覧会となっている。そして、この展覧会の真価が問われるのは、新たな宇宙開発のページが開かれたとき、たとえば、火星有人飛行が達成されたときかもしれない。

■『宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ』

会期=2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)

開館時間=10:00~22:00|火10:00~17:00(会期中無休/入館は閉館の30分前まで)

入館料=一般1,600円、学生( 高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円(消費税込/展望台 東京シティビュー、屋上スカイデッキは別途料金)

会場=森美術館 東京都港区六本木6‐10‐1 六本木ヒルズ森タワー53F

■ケロッピー前田

1965年東京生まれ、千葉大学工学部卒、白夜書房(コアマガジン)を経てフリーランスに。

世界のアンダーグラウンドカルチャーを現場レポート、若者向けカルチャー誌『ブブカ』『バースト』『タトゥー・バースト』(ともに白夜書房/コアマガジン)などで活躍し、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。

近年は、ハッカー、現代アート、陰謀論などのジャンルにおいても海外情報収集能力を駆使した執筆を展開している。前田亮一『今を生き抜くための70年代オカルト』(光文社新書)が話題に。新刊『クレイジートリップ』(三才ブックス)発売中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス