記事提供:messy

10月14日~16日にかけて開催される、日本最大・10万人規模のヴィジュアル系音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」(以下、「VJS」)。

8月31日にその第5弾出演アーティストが発表されたのだが、その中には既に解散していた伝説のバンドの名前が!

これにはV系ファンから「とんでもないことになってきたぞ」「YOSHIKI本気出しすぎだろ」「間違いなくこれは伝説になる」と歓喜の声が上がっている。

今回発表されたバンドはBY‐SEXUAL、かまいたちに加え、NoGoD、Anli Pollicino、グリーヴァ、ゴシップ、ぞんび、ALDIOUSの8組。この中で注目を浴びたのはなんといってもBY‐SEXUAL、かまいたちだ。

BY‐SEXUALはLUNA SEAやGLAYよりもさらに少し前のV系バンド。1988年に結成、当時はV系がまだかなり色物扱いだったため、バラエティ番組などでいじられることもあったが着実に人気を集めていった。

見た目の割りに結構POPな音楽性だがそれが謎の中毒性を生み出し、91年には牧瀬里穂主演映画『幕末純情伝』の主題歌にもなった。しかし、度重なるメンバーの脱退などにより98年に活動休止。

「BY‐SEXUALはその後2011年に東日本大震災復興チャリティLIVE『A』を行い、一夜限りの復活を果たし約2,000人を動員。

活動休止から実に10年以上経っているにもかかわらず、休止前のような金・青・緑・赤というド派手な髪色にド派手なメイク、ド派手なパフォーマンスで、ブランクを感じさせないライブをして会場を沸かせていました。

集客力も十分で、演奏力も衰えていないのだから、定期的にライブをやれば正直お金の面では潤うはずですが、その後5年間BY‐SEXUALは再び沈黙してしまったのです。

しかし、この度再び奇跡の復活。YOSHIKIは第5弾出演アーティスト発表前に『今後、度肝を抜くアーティストの発表がある』と語っていましたが、その1つがBY‐SEXUALと考えてもいいのではないでしょうか」(音楽媒体記者)

BY‐SEXUAL出演決定には「え!!やばいバイセクが復活とか!やばいどうしようこれは行くしかなくなってきた」「わーっ!わーっ!!ちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょちょバイセク!!!絶対行く!」「金曜日仕事だけどズル休み確定だわ」と大反響となり、Twitterで『バイセク』がトレンド入りするまでになった。

さらに出演発表とともに公開されたBY‐SEXUALの最新アーティスト写真にも「バイセクのルックス維持っぷりがすげええ」「バイセク再結成でアー写見たけど、全然変わってなくてウケた」「バイセクの写真見て泣いてる…ヤバい全身が…鳥肌」と、若々しいルックスに絶賛の声が上がった。

そしてBY‐SEXUAL出演決定にはGLAYのHISAHIもすぐさま反応。自身のTwitterで「BY‐SEXUAL 先輩!!#vjs」「バイセクファンの方々が100円でチケットを買わない事をねがいmトゥトゥトゥナイッ!」とツイートしていた。

ちなみにツイートの「トゥトゥトゥナイッ」の部分はBY‐SEXUALの楽曲『So Bad Boy』の歌詞「To To Tonight!」のことを指しているようである。

HISAHIは2012年にも「軽い筋トレとストレッチ。トゥトゥトゥナイッ!」とツイートしていたことがあり、相当『So Bad Boy』が気に入っているっぽい。

「そしてもう1つ、奇跡の復活を果たしたのが『かまいたち』です。かまいたちは85年結成91年解散とBY‐SEXUALよりもさらに昔の“元祖V系バンド”。YOSHIKIはVJSでは初日に『エクスタシーサミット』を復活させると語っていて、14日のメンバーは若手から大御所まで“濃い”V系バンドが出演すると噂されていましたが、その通りになりましたね」(同)

14日のメンバーはX JAPAN、LUNA SEA、GLAY、に加えBY‐SEXUAL、かまいたちというV系の基盤を作ったバンドが出演。

さらに若手からはlynch.など、これからのV系を背負っていくバンドが。果たして「VJS」はどれほど強烈なフェスになるのだろうか。今世紀最凶のお祭りなることは間違いなさそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス