言う事を聞かないのが成長している証拠。

「ウチの子、勉強しないんですよ…。」「勉強しなさいって言っても、聞かないんですよ…。」お母さんとお話しをすると、必ずと言っていいほど出るこの話題。

結論から言います。これは受け入れるしかありません。

「勉強しなさい!」と言ってもせいぜい聞くのは小学生高学年まで。中学生・高校生になるにつれて自分の考えや意思で物事を判断するので、全く言う事を聞かなくなるのが普通なのです。でも悲観的になる必要はありません。むしろ「ウチの子、順調に成長しているわ!」と喜んでおきましょう。

逆に言う事をずっと聞き続けている方が、怖いくらいです。「親の言う事を聞いていれば何とかなる。」という甘えが抜けなくなり、それがいつまでも続いていると、言わないとやらない子に育ってしまいます。

「勉強しなさい」は親の後悔の押しつけ。

ここで、昔を思い出してみましょう。「勉強がしたくてたまらない!」と思っていましたか…?むしろ逆で、「勉強をしなさい!」と言われると、ただでさえしたくない勉強です。親の言われた通りにするのが何となく気に入らないという感情も加わって、反抗して、もっと勉強したくなくなりませんでしたか?

でもそれがいつしか、「あの時勉強しておけば良かった。」「勉強すれば、もっと違う道に進めたかも。」と思うのです。そして親の愛情から「子どもには後悔させたくない!」と、つい声をかけてしまうのです。

でもそれは経験したから感じられることで、経験が少ない子どもにはいい迷惑。これからたくさん失敗して、親の言っていたことがようやく理解できるのです。自分が言われて出来なかったことは、やっぱり自分の子どもも簡単には実行できません。

でも大丈夫。子どもはちゃんと「勉強はした方が良いに決まってる!」と心の中では気付いています。子ども同士のコミュニティで話題にあがる人物は「スポーツが出来る人」「かっこいい人・かわいい人」などと並んで、「勉強が出来る人」も入っています。教室でも誰が何点取ったかなんてよく話をしていますし、塾で勉強して得点が上がると、必ずウワサが広まって友だちも通うようになるのです。素直になれないだけで、みんな成長したいと思っています。

なぜ勉強しないのか、その理由に向き合う。

では、どうやったら子どもは勉強するようになるんでしょうか。始めにすべきことは、その子がなぜ勉強しないのか、その理由に正面から向き合うことです。

「学校の勉強がわからないから、面白くない。わからなくて辛いから、それなら勉強なんてしない方がマシだ!」

「勉強なんて簡単。こんなに簡単なら、別にあせってやらなくても大丈夫だ。何をお母さんはあせっているんだろう。」

「今は部活が楽しくて仕方がない。早くレギュラーになりたい!でも行きたい高校に入るために、引退したら勉強しかしないぞ。でも今は部活に夢中なんだ!」

「親が好きなことばかりしているのに、何で自分はダメなんだろう。僕にはガマンばっかりだけど、自分には甘いじゃないか。こんなのおかしいや。」

…子どもには、子どもの理由があるのです。子どもなりに一生懸命考えているのに、親の都合を一方的に押し付けて、言う事を聞こうと思いますか?きっと逆であれば、聞かないはずです。親は親・子は子・人は人なのです。子どもの考えに耳を傾けて、そこから解決策を探っていくべきです。

塾では「勉強しなさい」とは言いません。

私たち塾の先生はどうやって子どもに勉強させるかというと、思いのほか「勉強しなさい」とは言わないのです。

まず「いつでも君のことを考えているよ」「とにかく君の成績をあげたくて仕方ないんだ」という姿勢を感じてもらい、安心して勉強に取り組める環境を与えます。そして「ほら、勉強したら得点が上がったね!」「なんでそんなに勉強できるの、偉いね!」と努力を認め、勉強して良かったと肯定感を持ってもらうのです。勉強しなさいではなく、勉強した方が得だなという、価値観を植え付けます。

これはご家庭においても、そこまで変わらないはずです。

私が子どもたちと接していて思うのは、何よりもお父さん・お母さんの「良くやったね!」の一言を喜びに感じています。でも多くの親は、子どもは子どもなりに頑張ったことを褒めて欲しくてウズウズしていても、それが親の理想から見て低い場合がほとんどなので、そのサインを見逃してしまっているのです。初めて歩いた時には、あんなに喜んだはずなのに…。

重ねますが、子どもは「勉強はした方が良い」とわかっています。もし行動に移せないなら、言葉で言い聞かせるのではなく、親自身の行動を振り返ることから始めてみましょう。「子どもは言う事を聞くもの」と子ども扱いする事を止めるのです。その姿勢を感じるだけでも、子どもは何かを感じ取って、歩み寄ってくれるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

mats. このユーザーの他の記事を見る

札幌で教育関連業に携わり15年。子育て・勉強・受験に役立つ記事を、現場目線で更新します。2歳の娘が可愛くて仕方ない、自称イクメン。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス