科学省の全能力を傾けて作られた、感情を持つ特別な少年型ロボット「鉄腕アトム」を、パワードスーツに身を包み、悪と戦う「アイアンマン」を彷彿とさせるようなタッチで、アメコミ化&ハードボイルド化した…衝撃的すぎるファンアート。制作したのはフランスの南西部に位置する街トゥールーズを拠点に活躍するイラストレーター“Sylvain Sarrailh”さんでして…

大好きなキャラと、漫画やアニメ、映画など、他の作品とマッシュアップした作品の数々は、オリジナルキャラの持つイメージとはかけ離れたイラストではあるものの、どれも、とても刺激的で、興味深いものばかり!

コチラはジブリの名作「千と千尋の神隠し」と「ゴーストバスターズ」をマッシュアップした作品。“カオナシ”をゴースト捕獲装置「プロトンパックレーザー」を使って退治する千尋。これは続きが気になる!(笑)

また、コチラは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」と「ドラゴンボール」をマッシュアップした作品ですが、ハードボイルド!?とは若干違うような気がするものの、卓越したセンスによって描かれる作品は、本当に秀逸!

では、愛すべき人気キャラたちがハードボイルド化され、アメコミタッチになった…興味深すぎる作品の数々。どうぞご覧下さい!

マリオ&ルイージ(スーパーマリオブラザーズ)

人間体型(6~8頭身)になっただけで、たちまちリアル感が増すマリオ&ルイージ。めっちゃ強そう。(笑)

フィン&ジェイク(アドベンチャー・タイム)

1982年に公開された「コナン・ザ・グレート」タッチで描かれたフィンとジェイク。フィンにアーノルド・シュワルツェネッガーの代役が務まる!?

ピカチュー(ポケットモンスター)

サトシも生きた心地がしない…ハードボイルドすぎるピカチュー。(笑)

バズ・ライトイヤー(トイ・ストーリー)

ワクワクが止まらない…ハードボイルド化されたバズ・ライトイヤー。これ、アニメになったら絶対ヒットすると思う。

ロジャー・ラビット

ハードボイルド化というよりも、悪の手に堕ちたロジャー・ラビット。

サリー&マイク(モンスターズ・インク)

サリーはまだ許せるものの、マイクは完全にホラー。

ウォーリー&イヴ(WALL-E)

2008年に公開された長編アニメーション映画「ウォーリー(原題: WALL-E)」。ちなみに、なぜ、イヴがこんなにもセクシーになったのかは不明です。(笑)

マックィーン(カーズ)

可愛さ0、怖さ100のマックィーン。オリジナルキャラの要素はどこいった!?

いかがでしたか?

後半になればなるほど、オリジナル要素が失われていきましたが(笑)、アメコミ化、ハードボイルド化した事によって、何かしらやってくれそうな雰囲気となったキャラたち。なお、SylvainさんのHPには、まだまだハードボイルド化されたアニメキャラがたくさんアップされていますので、興味を持った方は是非、彼のHP。覗いてみてはいかがでしょうか?

○○風に仕上げたアート。こちらも合わせてどうぞ!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス