ドラクエの熱烈なファンであるTwitterユーザー“でぃーきゅー”さんが

ドラクエ30周年ということで何か作ろうと思って、綿棒たくさん使ってドラクエ1の戦闘画面を作ってみた。

というコメントと共にアップした…圧巻のファンアート。これが、ドラクエ愛を感じる、とっても素晴らしい作品だったので紹介したいと思います。

今年5月に生誕30周年を迎えた、ロールプレイングゲームのパイオニア『ドラゴンクエスト 』シリーズ。もはや説明は不要ですが、そんな国民的ゲームを綿棒

15000本!

を使って再現したという…今回の超大作!

ちなみに制作したシーンは

鉄を引き裂く爪、吐き出す炎は岩をも溶かすという…ドラゴンクエストシリーズ第一作『ドラクエ1』のラスボス「竜王」との戦闘シーン。

では、卓越した技術と、圧倒的なセンスで完成した綿棒アート。どうぞご覧下さい!

スゲェェェ(゚Д゚)ェェェエエエ!!!

ブラウン管テレビを思い出す…荒々しいドット感。

しかし、よく見ると実に繊細で、ファミコンの8ビット感を限りなく再現!

さらに、ドラクエの特徴的なフォント(書体)もこのクオリティ!

これはもはや力作を超え“神作”と言うべき作品!本当に凄すぎます!

ちなみに制作期間は

2週間ほど

要し…

白と黒の綿棒以外は、マジックと絵の具で着色し、木工ボンドで接着したとのこと。

また、熱烈なドラクエファンの方なら気付いたかもしれませんが、ステータス画面に描かれている数字。これは

HP 61 → 昭和61年
MP 5 → 5月
G → 27日
E → 1986年

ドラクエの誕生日、1986年 昭和61年5月27日を表現!スゲェェェ(゚Д゚)ェェェエエエ!!!

では、超大作に心射抜かれた方々のコメントの数々。ご覧下さい!

あまりにも荒々しすぎて「あ=お」「め=ぬ」を混同。パスワード入力で爆死する事もたびたびありましたね。(笑)

綿棒アート以外の作品も素晴らしい!

ドラクエ愛溢れる“でぃーきゅー”さんの作品。なお、箱買いしたロッテのチューインガム「ドラクエfit's」を使った

ホイミスライムや、マリンスライムも、本当に素晴らしい出来栄えとなっていますので、ドラクエ好きじゃなくても魅了される“でぃーきゅー”さんのファンアート。興味を持った方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

(※この記事は権利者の許可を得て掲載しています。)

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス