記事提供:しらべぇ

最近、「迷走している」といわれることも多いマクドナルド。高単価メニューを販売したり、レジ前のメニュー表をなくしたりと、おいおい、マクドナルドに行かなくなるよと消費者離れが起こることもあった。

ただ、最近は利便性も良くなり、メインターゲットのファミリー層や学生だけではなく、「提供までが早い」「片手で食べられる」「Wi-Fiや電源が利用できる」という消費者が望むものに寄り添い、仕事熱心で多忙なビジネスマンの利用も急増中だ。

■マックにセルフ式レジが登場!

そんな「早い」という点で、ますますマクドナルドの利用が伸びそうな「タッチタイプ式のセルフレジ」が登場した。米国など海外では既に導入されているが、日本では現在、大森駅北口店のみだ。

ただ今後は、関西、中京、東北にも続々導入予定となっている。利用者からは、

「スピーディーに購入ができて、時間の無駄がない」

「ミスオーダーのイライラともおさらばできる」

「コミュ障にはうってつけ!」

出典 http://sirabee.com

というポジティブな感想がある。その一方で、

「遂に人件費削減なのか!」

「スマイルゼロ円はなくなるのか」

出典 http://sirabee.com

と、危機感や寂しさを感じている声もあるようだ。

■セルフレジは本当に早くて便利?実際の利用者の声

実際に、マクドナルドのセルフレジとはどんなものなのだろうか?しらべぇ取材班はその実態を調査するために、大森駅北口の目の前にあるマクドナルドを訪れた。同店には、3台のセルフレジがある。もしセルフレジよりも店員さんから購入したいようであれば、一歩奥にはレジカウンターも。

意外にもセルフレジのほうが空いているのは、会計が電子マネー「iD(NTTドコモの電子マネー)、楽天Edy、WAON」のみ利用可能で、現金やPASMO等は使えないのが理由としてありそう。

セルフを利用しているのは、20代~30代デジタルネイティブ世代が目立ち、ファミリーや年配者、そしてスマホ世代の10代の利用はあまり見られない。操作は、購入したいメニューをタッチパネルで押すだけで簡単だ。

チェーンの牛丼屋やうどん屋にもあるタイプなので、とくに迷うこともなく購入できる。

注文が完了したら、自分の番号が呼ばれるまでしばらく待つ。

ものの数分で、オーダーした飲み物が提供された。

■セルフレジは便利!だけど…

セルフレジの物珍しさや、提供までのスピード求めるためにセルフレジが混み合っているかと思いきや、意外にもカウンターレジから購入している人が多い。先述した「利用できる電子マネーを持っていない」の他にも、

「客側からしてみたら、どちらで購入してもスピードはたいして変わらない」

「機会で頼むのは何だか味気ない」

出典 http://sirabee.com

などの理由があると考えられる。今後も続々導入されるであろうマクドナルドのセルフレジ。確かに便利ではあるが、利用者のこうした懸念を見直すことが必要になるだろう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス