2016年赤ちゃんのひらがなの名前ランキングが発表されました。

名付けは親から子への一番最初の贈りものとなりますので、想いの込められた名前を付けられていることでしょう。どんな名前が人気となっているのでしょうか?

第5位 ”ひなた”

温かい優しい響きの名前ですね。

第4位 ”すず”

古風な名前ですが、広瀬すずさんの影響で付ける方も増えているのでしょうね。

第3位 ”あかり”

明るい光が差し込んだような、家族を照らしてくれるような優しい名前ですね。

第2位 ”さくら”

名付けランキングでは常に上位となっている人気の名前です。さくらの花びらのような美しい女性になるでしょう。

第1位 ”ここみ”

木村拓哉さん、工藤静香さんの長女が”心美ちゃん”と名付けられており、当時は珍しい名前だと言われていましたが、近年では名前も自由に付けられる方が増えているので、人気の名前となっているようです。

ちなみに、6位は”はな”ちゃん、7位は”ひかり”ちゃん、8位は”ひまり”ちゃん、9位は”めぐみ”ちゃん、10位は”くるみ”ちゃんとなっています。

近年では当て字で名前を付ける方も多いので、ふりがなを振らなければ読めないというお子さんも多いので、ひらがなの名前は分かりやすくて保育園や幼稚園・学校の先生にとっても優しいように感じられますね。

そして、ひらがなの名前は女の子の方が圧倒的に多く、男の子でひらがなの名前を付けられるのはまれなようです。漢字の方が強そうなイメージになりますし、男の子にひらがなの名前を付けるといじめられるのではないか?と心配要素になってつけられないという方もいるようです。

親になると、誰もが経験する名づけですが、ふんわりと柔らかい印象を与えることが出来るので、女の子ならひらがなの名前も可愛らしくて好印象を持つことが出来ますよね。

スムーズに読むことが出来ない当て字の場合だと、大人になってからも苦労したり、子どもがコンプレックスになってしまうケースもありますので、シンプルなひらがなの名前も候補に入れてみてはいかがでしょうか♪

こちらの記事も読まれています。

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス