記事提供:favclip

家族や友人・知事が飛行機で旅行。飛行機恐怖症の人には、とても心配でたまらないことですが、そうでない人もやっぱり何かと気になりますね。そんな心配を少しでも和らげてくれる素敵なネットサービスがありました。

飛行機の位置をリアルタイムで表示するFlightradar24

航空ファンのあいだではよく知られているFlightradar24。

航空機から発信されるADS-Bと呼ばれる電波を受信し、Flightradar24のサーバに転送して地図上に航空機の位置を表示するシステムで、ほぼリアルタイムで飛行機が現在どこを航行しているか確認することができるサービスなんです。

飛行距離、高度、スピードも表示しコックピットからの眺めも再現

Flightradar24では、現在の飛行位置が確認できるのはもちろん、その飛行機のフライトスケジュールに加え、実際の出発時間、その時間から予測される到着予定時刻、実際に航行してきたルート、刻々と変わる飛行距離、高度、スピードが分かるんです。

さらにこのサービスの素晴らしいところは、飛行機の3Dオブジェクトと地上画像、そして仮想空間映像を組み合わせ、360度から現在の飛行機の位置を見ることができるという点。それを遠景、近景と自分好みの距離感で確認できるんです。

またこれらを組み合わせてコックピットからの眺めも再現。パイロット気分も味わえます。

飛行機の数から世界情勢もわかる

世界中を航行している飛行機が確認できるFlightradar24。ADS-B設備を搭載している機体のみを地図上に表示しているため一概には言えませんが、世界地図を眺めていると、飛行機が重なるように数多く飛んでいると、ほとんど飛んでいない地域の差が目立ちます。

例えば、アメリカ合衆国やヨーロッパ、日本周辺は飛行機の数が非常に多く、機体数の多さから地図自体が見えないほど。

一方シリアやリビアといった内戦状態の国、そして北朝鮮のように多くの国から経済制裁を受けている国の上空を地図で見ると、ほとんど機体の数が確認できません。

◎シリア

◎北朝鮮

Flightradar24を詳しく見ていると、世界情勢が分かって非常に興味深いですね。

機内の家族と連絡が取りにくい時に現在地をチェック

Flightradar24をチェックすれば、家族・友人・知人が飛行機に搭乗している時、今どんな景色を見ているのか、どこを飛んでいるかか確認可能。

とくに、時間帯や風向きによって使用される滑走路が異なる羽田空港や、発着数が多いため上空で飛行機が待機する場合のある大都市の空港の離着陸もリアルタイムでその状況がわかるので、より一層楽しみながら安心できるでしょう。

また、Flightradar24はPCサイトの他に携帯電話のアプリもあります。特に機内と地上は連絡も取りにくので、空港の搭乗者ゲートで待っている間、確認するには最適ではないでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス