記事提供:サイゾーウーマン

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>

「(一般の方なので)写真は撮らないでいただきたいです」ゲスの極み乙女。・川谷絵音(主婦と生活社「週刊女性」9月13日号)

井上陽水、吉田拓郎、Mr.childrenの桜井和寿、GLAYのTERU、布袋寅泰。売れたミュージシャンが、売れない時代を支えてくれた妻をあっさり捨て、芸能人と再婚することは、ほとんど定説であり、そういう意味では、ゲスの極み乙女。の川谷絵音とベッキー不倫騒動も、よくある話なのだろう。

それよりも、私が閉口したのは、川谷の自意識の強さだった。

週刊文春」(文藝春秋)に、ベッキーとの不倫がすっぱ抜かれた頃、『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に出演した川谷は、「深夜12時前、渋谷センター街の牛丼屋に1人でいる女」というテーマを与えられ、その場で作詞作曲を始める。「透明にならなくちゃ」というタイトルの曲は、わずか35分でできあがった。

回りこんだ気持ちを吐き出せないで
夜をまたぐ私は
1人で感情を止めて箸だけ動かす
センター街の刻む明かりを眺めながら心を刻む
意味のないふりをした
箸が置かれて私は走り出す

透明にならなくちゃ
溶け込むほどの勇気もないから
透明にならなくちゃ
24時の街に呟いた

歌詞を字面通り解釈するのは無粋なことだが、この歌には川谷の自意識が強く反映されているような気がしてならない。「溶け込むほどの勇気もないから 透明にならなくちゃ」という歌詞は、川谷ファンにはしっくりくるものかもしれないが、日本語としては矛盾している。

周囲に溶け込んでいない人は存在感がないと考えられ、当然注目されていないわけだから、「透明にならなきゃ」と義務に思う必要はまるでない。

もしくは、存在感がありすぎるため、周囲から浮いている人とも捉えられるが、そこにあるのはどちらも同じ「いつも人は自分を見ているはず」という強い自意識なのである。

幸か不幸か、ベッキーとの不倫騒動は、川谷の「いつも人は自分を見ているはず」といった自意識を、現実のものとした。川谷の楽曲を聞いたことのない世代でも、“ベッキーの不倫相手”としての川谷を知っている状況となったのだ。

さらに不倫の報道が出た後も、アルバムのセールスに影響が出ることはなく、会見をすることもないから、芸能レポーターに悪意をぶつけられることも、頭を下げる必要もない。

ベッキーとの不倫騒動で川谷が得たのは、音楽活動だけでは到底稼げない知名度と有名芸能人を彼女にしたという男としての自信、そして前妻との離婚によって得た恋愛する自由なのではないだろうか。

川谷が自信と自意識に満ちあふれていることは、川谷が女性をお持ち帰りしている姿を「週刊女性」(主婦と生活社)に直撃された際の様子でも明らかだ。

女性を伴って自宅に戻ってきた川谷は、記者の取材に笑顔で応じている。昨年末からあれだけマスコミに騒がれたら、行動やマスコミを警戒しそうなものだが、川谷の中ではベッキーとのことは、「なかったこと」になっているように思えてしまう。

川谷は芸能人としてのずるさも身につけた。相手の女性が一般人であることから、「写真は撮らないでいただきたい」と、伝家の宝刀を用いて主張する。

不倫騒動の際、ベッキーよりも知名度がなかったために売名説も出たが、今やこんな言い訳を使えるくらいの自信と実績を手に入れたようだ。

川谷は自身のインスタグラムで、バックコーラスの女性に壁ドンしたり、肩を組んでいる画像をアップしている。

もし相手が芸能人であれば、多少のスキンシップでも、変なウワサを立てられるなど、問題になる可能性もあるが、プロダクションに所属し、芸名を掲げて仕事をしてない女性、つまり、芸能人でない女性なら、問題にならないと思っているのではないだろうか。

一般人女性とならトラブルにならないと川谷がもし本気で思っているのだとしたら、不倫騒動から学んでいない。

あの騒動が、これまでのそれと違う点は、LINE流出によって、不倫略奪の“悪だくみ”がバレてしまったことだが、状況から考えて、川谷に近しい人が「文春」にタレこんだと考えるのが自然だし、前妻がそこに加担していた可能性は十分にある。

前妻はベッキーと面会した際、「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張ってくださいね」と結んだそうだ。ネットでは前妻を「できた人」とする意見もあったが、私には、一般人ならではの復讐に感じられた。

一般人である前妻は、離婚直後はつらいだろうが、時がたてば「顔と名前が知れていない」ことが幸いして、新しい生活を構築することができるだろう。しかし、ベッキーはそうはいかない。どんなに頑張っても、失った仕事を全て取り返すことは難しいだろう。

「割れ鍋に綴じ蓋」ということわざがあるが、「いつも人は自分を見ているはず」という自意識を持った川谷には、「そんな彼を理解して支えてあげられるのは私だけ」というベクトルの自意識を持った女性がわらわらと引き寄せられ続けるだろう。

それは本人たちの問題なので、外野が口を挟むことではないが、川谷よ、SNS時代の今、一番怖いのは、失うものが何もなく、自意識だけは芸能人並みの一般人女性だよと進言したい。

仁科友里(にしな・ゆり)

1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。

気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス