記事提供:Conobie

手が滑って首がカックン!後遺症は残らないの?助産師さんに聞きました。

目次

・ 慣れたら簡単!?新生児の抱っこ
・ 一度でもダメなら、医療従事者が黙ってない!

慣れたら簡単!?新生児の抱っこ

出産後、助産師さんから沐浴講習を受けた時のこと。

フニャフニャの新生児。私は両手で抱っこするのも怖々という感じでした。「いつか手が滑って首カックンしてしまいそうで怖くて怖くて…」と伝えたところ、

助産師さん曰く、「首を何度も前後にガクガクしたりでなければたいてい問題ないです。でもやっぱり怖いですよね。みなさん心配して病院に来られたりします。」とのこと。

一度でもダメなら、医療従事者が黙ってない!

「日常生活でうっかり一度カックンした位で心配することはないです。とはいっても当然カックンはしないほうがいいので、しっかり首を支えて抱っこしてくださいね」とのことでした。

その後、丁寧に扱っていたつもりでしたが、2ヶ月目にとうとう首カックンをしてしまいました…直後はショックでしたが、助産師さんの言葉を思い出してあまり気にしないようにしました。
 
首が据わるまで約4ヶ月もの間24時間赤ちゃんを扱っているのだから、どんなに気をつけても首カックン事故は起こりうる!丁寧に扱うことは当然だけれど、一度の首カックンをあまり気に病まないようにという言葉には救われました。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス