記事提供:ガジェット通信

17日間の熱戦に終止符を打ち、先日幕を閉じた「リオオリンピック」。

日本は史上最多となる41個のメダルを獲得し、さらに閉会式で披露された2020年に開幕される東京大会へ向けたプレゼンテーションでは、椎名林檎が音楽監修を務め、“安倍マリオ”の登場も世界中で話題となりました。

4年後の「東京オリンピック」へ期待が高まる中、東京で初めてオリンピックが開催された1964年に生まれた、現在52歳の“東京オリンピック生まれ”のメンツが良い男だらけですので、皆さんにご報告したいと思います。

1:『疾風ロンド』『恋妻家宮本』…常に次回作が途切れない個性派俳優・阿部寛

持前の彫りの深い顔立ちとスタイルの良さを生かしてローマ人を演じることもなんのその。

演じる役の幅広さに定評のある俳優・阿部寛さんは、『エヴェレスト 神々の山嶺』、『海よりもまだ深く』、そして11月公開予定の東野圭吾原作『疾風ロンド』と、今年も立て続けに3本の映画に出演。

さらに、2017年には「家政婦のミタ」脚本家の遊川和彦の映画監督デビュー作『恋妻家宮本』も公開を控えるなど、常に次回作が途絶えない引っ張りだこな俳優さんです。

2:歳の重ね方がステキすぎる!大人の男の魅力たっぷりの人気俳優・堤真一

映画だけでなく、舞台やドラマなど、幅広い分野で活躍する堤真一。2013年には結婚を発表し、多くの女性ファンを落胆させるほどの人気を誇る堤さんだが、デビュー前には真田広之さんの付き人をするなど意外な下積み時代も。

『ピュア』『やまとなでしこ』など人気ドラマへの出演をきっかけにブレイクした後は、俳優として数々の賞を受賞するほどの人気俳優に。

また、12月には『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズでお馴染みの山崎貴監督最新作『海賊と呼ばれた男』への出演も決定しています。

3:ついにハリウッドデビュー!独特な存在感&色気を放つ俳優・椎名桔平

北野武監督作『アウトレイジ』でのヤクザ役や、最近では『暗殺教室』や『64-ロクヨン-』『秘密 THE TOP SECRET』などの好演も光る椎名さんですが、ついに映画『Darc(ダーク)』でハリウッドデビューも決定!

海外からも注目を集め、活動の場を広げつつある椎名さんはどこまで色っぽく進化するのか…!

4:お笑い、役者、監督、小説家…多才ぶりを発揮!内村光良

10月22日から公開を迎える映画『金メダル男』で監督・主演を務めた内村光良もまた、東京オリンピック生まれのひとり。

お笑い芸人としても絶大なる人気を誇り、これまでに数多くの名物キャラクターを世に誕生させる中、絶賛放送中のオムニバスコント番組『LIFE~人生に捧げるコント~』(NHK総合)でも、その才能は健在。

さらに監督や役者業としても活動する多才な内村は、『金メダル男』では、なんと監督・主演に加えて、脚本・原作までも手掛ける、異例の4役にチャレンジしています。

そんな内村さんが情熱を持って手掛けた『金メダル男』は、2011年に上演された内村の初のひとり舞台『東京オリンピック生まれの男』を映像化したもので、まさに最も“オリンピックイヤー”にふさわしい作品。

小学生の時に、運動会の徒競走で一等賞に輝いた幸福感に魅了され、以来何度失敗しても立ち上がり、ただひたむきに一等賞を目指し続ける決して諦めない男・秋田泉一の生きざまをコミカルに描く本作は、内村さんが「自分の色が間違いなく一番出ている作品」と語るほどの自信作です。

この4名の他にも、元・BLANKEY JET CITYの浅井健一さん、岸谷五朗さん、近藤真彦さん、高橋克典さんまで、本気で良い男ぞろいの1964年生まれ!皆さんは誰が一番お好き?

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス