記事提供:サイゾーウーマン

今回ツッコませていただくのは、8月29日放送分『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「ビストロSMAP」。ゲストには、リオ五輪柔道男子金メダリストのベイカー茉秋選手が登場。

迎える中居正広は、茉秋選手の背に手を添え、目を見ながら「悪いねえ、こんなバタバタしてる時期に。申し訳ない」と声をかける。それに対し、「あ、いえ。はい。ハハハ」と明らかに硬い表情で笑う茉秋選手。

今、こんな状況下で、若いアスリートが、ほかに言えることもないだろう。だが、この「若く素直で素朴で明るいアスリート」というのは、ベストな人選だった。

まず中居の冒頭挨拶での率直さと、その後に続く、いつも通りユーモアやツッコミも交えつつきっちり進行していくプロの仕事ぶりは、さすがと言うほかない。

茉秋選手のプロフィールクイズのコーナーでは、茉秋選手をあおりつつ盛り上げ、進行する中居と、横並びで早押しクイズに答える木村拓哉稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の姿が見られた。

ツッコんだり、ハイテンションに頑張る木村や、一生懸命ボケる香取、ナチュラルで「通常営業」な感じの稲垣と草なぎ。

最後の質問「初めて買ったCDは?」では、「男性アーティスト」というヒントを得て、草なぎがまず「コブクロ」と解答。そこから実に見事な連携プレーが続く。

中居が「結構今、タイムリーですよね?」と茉秋選手に聞き、「タイムリーですね」と答えると、木村が強い目ヂカラで解答する。

「SMAP」

中居が「SMAP。なんでしょうかっ」と少し噴き出しそうになりつつ、畳みかけて聞くと、香取が真剣な表情を作ってみせ、こう答える。

「世界に一つだけの花」

「ベタです(笑)。正解!」

ここまでの流れ、「間」の取り方も、表情も、全て完璧だった。そう、SMAPはコレなんだ。

茉秋選手は、「お母さんに買ってきてと言って、買ってきてもらったCD」「当時、一番流れていた」「今も好きです」と語った。そのおおらかさ、素朴さも含め、本当に今のゲストとしてベストな人選だったと思う。

解散発表以降、日々、テレビでは「世界に一つだけの花」「らいおんハート」「夜空ノムコウ」をBGMに、悲痛な調子でSMAPの話題が繰り返され、さまざまな媒体により、さまざまなウワサや臆測が囁かれてきた。

実際、ファンの悲しみ、嘆き、空虚感は察するに余りあるものだろう。

でも、そうした報道により、SMAP関連の番組を見ること自体、暗く重くつらい思いになって、目を背けている人も多数いるだろう。

ところが、この日の『SMAP×SMAP』には驚いた。5人揃ったSMAPがあまりにも「SMAP」だったから。仲が良いとか、不仲とか、そんなつながり方をしているわけじゃない、プロ集団の凄みを見た気がしたからだ。

解散の本当の理由などわからない。でも、残念ながら「年内解散」が正式発表されたことによって、SMAPは今、「解散」という1つの事実に向かって、それぞれのスタンス・アプローチ法で、有終の美を飾るために全力で歩み始めたように見える。

SMAPの美しさって、ヌルい「わちゃわちゃ」感なんかじゃなく、まったく違う性質・価値観・考え方の人たちが1つの目的を持ったときに、個々の力を持ち寄って、ともに成し遂げようとする、プロとして、チームとしての美しさなんじゃないだろうか。

そう思うと、12月31日に向けて、もしかしたらSMAPはこれから過去最高の輝きを見せてくれるかもしれない。

にもかかわらず、不思議なのは、さまざまな報道や、世間の声だ。

一時は「木村拓哉=裏切り者」説や「メリー副社長老害説」で盛り上がり、その後は「香取慎吾が原因」説で盛り上がり、この日の『SMAP×SMAP』においては「ギスギスした感じが見るに堪えない」「もうやめてしまえ」の声が続出。

おまけに「木村と香取はやっぱり別々のチームだった」などと、これまで番組を見たことがないような妙なツッコミまで出ていた。

さらに恐ろしいのは、SMAP関連の報道がすでに沈静化しつつあるなか、これらのまったく異なる方向性のバッシングを、SMAPにもジャニーズにも興味のない人たちが掌返しのようにそのときどきの時流にのって、一斉にやっていそうなこと。

そして、色眼鏡で「見た」気にだけなって、一通り誰かをバッシングすることに飽きたら、去っていきそうなこと。

メンバーの本当の思いや関係性など、一視聴者にはわからない。

でも、この日、彼らが『SMAP×SMAP』で見せた姿は、本当に「SMAP」だった。それを色眼鏡で見てしまうのも、年末にかけてのSMAPの活動を見逃してしまうのも、なんだか非常にもったいない気がした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス