記事提供:Photrip

外国人が「こんなにも美味しいハンバーガーは初めて食べた!」と絶賛している日本のハンバーガーショップをご存知ですか?そう、モスバーガーです。

あくまで推測的な声でしかありませんが、「日本のハンバーガーショップが欧米に進出するなら成功するのはモスバーガーだけ」という話もあるほど。すでにモスバーガーはタイや台湾などに進出して大成功しています。

・フランス行きのJAL国際線

そんなモスバーガー、なんとJALの国際線に乗ると「AIRモス 野菜バーガー」として食べることができるのです。しかも、自分で具をサンドして食べる、ここでしか食べられない特殊で特別なモスバーガーなんですよ。

今回は、そんな「AIRモス 野菜バーガー」を食べるためにフランス行きのJAL国際線に乗ってみました!

・手間がかかっています!

フランスのパリ行きの機内食は何度か出ますが、そのひとつが「AIRモス 野菜バーガー」でした。モスバーガーは「妥協しないハンバーガー作り」に定評がありますが、それは空の上も同じ。

包み紙を開けると、パンとビーフパティがしっかり区分けして保存されていました。水分がパンに染み込まないためでしょうね。手間がかかっています!

・店頭で販売しているモスバーガーみたい

さきほど説明したように、「AIRモス 野菜バーガー」は乗客が自分で具を挟んで作ります。まずパンとビーフパティを包み紙から取り出し、そこに別皿のオニオンスライスとレタスをサンドします。

そしてソースをかけて出来上がり! ウホッ♪ 本当に店頭で販売しているモスバーガーみたいになりました!

・しっかりとした鮮度

さっそく食べましたが、本当に美味しい!オニオンやレタスがパリパリのシャキシャキで、店頭で店員さんがサンドしたばかりのように新鮮な感じがしました。

ここまでしっかりとした鮮度にするまで、かなり努力と研究を重ねたことでしょう。このハンバーガーを食べるために、またJALに乗りたいと思うハンバーガーでした。皆さんもお試しあれ!

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス