みんなが普段疑問に思っていることを編集部が調査・解決するコーナー「素朴なギモン」

今回はメガネやコンタクトを作るときにのぞく「気球」が映しだされる機械について。あれは一体何なのか?なぜ気球の写真なのかを解明したいと思います!

メガネやコンタクトを作るときにのぞく「気球」の写真

長く伸びる道の先に、カラフルな色の気球。なんとも鮮やかなこの写真は、メガネやコンタクトをつくるときに行う視力検査で見かけるものです。

視力が良い方は、もしかしたら見たことがない写真かもしれませんね。そんな方のために、どういった経緯でこの気球を見ることになるのかを説明しましょう。

まずメガネ・コンタクトレンズを買いに眼科に行くと、検査用の機械の前に座らされ、中をのぞきます。すると、例の気球の写真が見えるのですが、最初はピントが合っていません。機械が自動的に動いていくうちに、初めはぼやけていた気球が、だんだんはっきりと見えてくるというわけです。

この機械は一体どんな仕組みになっているのか?そもそも、なぜ気球なのか?この記事では、そんな謎に迫ってみます。

あの機械は一体何を計測するものなのか?

気球の画像が見える機械は「オートレフ・ケラトメーター」という名前の医療機器で、近視・遠視・乱視などの有無や程度を判別することができます。検査結果を元にして、視力を測ることもできるそうです。

私たちの眼は外部から受け取った光を集め、曲げることで、ピントを合わせて、モノを見ることができます。しかし、この眼の光の屈折率が正常でなくなると、近視・遠視・乱視といった状態になってしまうのです。

オートレフ・ケラトメーターは、目に赤外線の光を当てることによって、「目が、どれくらい光を曲げる力を持っているか」を測定する仕組み。

最初はぼやけていた気球がピントが合った状態で見えるようになるのは、機械が「瞳のピントが合うタイミング」を自動的に調べているからなのです。機械をのぞき込んでいるだけで、眼の光を曲げる力を検査できる優れものというわけですね。

そもそも、なぜ気球の写真なのか?

それにしても、なぜオートレフ・ケラトメーターには、気球の画像が使われているのでしょうか?調べてみたところ、こんな眼科医の先生のブログが見つかりました。

できるだけ遠くを見た状態で計らなければ近視が強く測定されてしまいます。遠くにある気球を見るというイメージを持つことで、それを防いでいます。

出典 http://kounoganka.exblog.jp

また、検査では円の真ん中を見る必要もあるようで、そのための写真として気球が使われているということでした。確かに、気球だと遠くを見るイメージになりますし、カラフルな色も視線を集中させやすいですね。

ちなみに、気球の画像を使ったオートレフ・ケラトメーターの製造会社「株式会社ニデック」は、実際に熱気球「プリズム号」を所有し、バルーンフェスティバルや熱気球世界選手権に出場しています。

公式サイトのトップページには、レインボーカラーに「NIDEK」ロゴのプリズム号が大空を飛ぶ写真が堂々と登場。「気球」を自社の製品に使うだけでなく、会社のシンボルにまでしているようです。

気球以外の写真も使われていた

一方で、映しだされる写真はメーカーによって違うようで、特に気球でなければならないといった決まりはないといいます。

ほかにも変わり種として、「小児測定」をサポートするためのオートレフ・ケラトメーターがあります。子どもは大人と違って集中力が持たないため、測定がしづらいという医療現場の声があったそうです。

そこで、子どもの興味を惹くためにメロディーを流しつつ、子どもにとって理解しやすい「花のイラスト」で検査することができるオートレフ・ケラトメーターが開発されました。夜のような青い背景に黄色い花が一輪咲いているデザインで、子どもウケが良いのだとか。

会社の健康診断だけじゃ不十分?オートレフ・ケラトメーターで検査をしよう

会社・学校で行われる人間ドック、健康診断で、オートレフ・ケラトメーターが使われることはほとんどありません。また、運転免許更新の際の眼の検査も簡易的なものです。しかし、簡単な検査では測ることができない目の症状・病気も多く存在します。

「最近、眼科検診に行っていないな」という方は、ぜひこの機会に眼科に行って、検診を受けてみてはいかがですか?オートレフ・ケラトメーターでしっかりと検査をしてもらって、健康的な目で毎日を過ごしたいですね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス