記事提供:R25

挨拶に来た娘の結婚相手を父親が追い返す――ファミリードラマなどではお決まりの一幕だ。しかし、父親も愛する娘を任せる相手だからこそ、厳しい目をもってしまうのだろう。

では、娘の結婚相手として父親がNGだと思うのは、どんな男性なのだろうか? 実際に未婚の娘がいる40~50代の男性社会人200人に「娘とは結婚してほしくないと思う男性」についてアンケートを行った。

●娘には結婚してほしくないと思う男TOP10

(11項目から上位2位まで選択。1位=2pt、2位=1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 定職についていない夢追い人 201pt

2位 ホストのようにチャラい雰囲気の男 175pt

3位 父の自分と同年代(もしくは更に上)の男 111pt

4位 日本語が全く通じない外国人 34pt

5位 バツイチ 22pt

6位 娘よりだいぶ年下の学生 20pt

7位 自分の(あまり好きじゃない)上司の息子 9pt

8位 自分の(あまり好きじゃない)部下 5pt

9位 名家の1人息子 4pt

10位 政治家 2pt

番外
11位 (面倒な)取引先の息子 1pt

一番多くの父親が選んだのは「定職についていない夢追い人」。娘が共に一生を過ごすだろう相手だけに、生活に不安を覚える相手は避けたい…というのは親としては当然。

同様に、見た目から将来が不安になりそうな「チャラい雰囲気の男」も、2位と票を集めている。では、それぞれの項目について、父親のコメントを見てみよう。

【1位 定職についていない夢追い人 201pt】

「結局不幸になりそうだから」(51歳)
「経済的に安定していないと苦しい生活が待っているから」(54歳)
「金銭的苦労はさせたくない」(56歳)

【2位 ホストのようにチャラい雰囲気の男 175pt】

「どうしても見た目で判断してしまうところはあるから」(42歳)
「会うたびに注意してしまいそう」(52歳)
「生活が安定しないと思えるから」(58歳)

【3位 父の自分と同年代(もしくは更に上)の男 111pt】

「やはり年相応の人と結婚してもらいたい」(43歳)
「年齢差がありすぎ将来不安」(48歳)
「気まずいから」(49歳)

【4位 日本語が全く通じない外国人 34pt】

「意思疎通が出来ない」(53歳)
「じっくり話ができないと思うから」(59歳)

【5位 バツイチ 22pt】

「間違いを1回以上犯しているから」(52歳)

【6位 娘よりだいぶ年下の学生 20pt】

「話がますます合わない」(57歳)
「無責任そう」(57歳)

【7位 自分の(あまり好きじゃない)上司の息子 9pt】

「会社に居づらい」(50歳)
「私的な付き合いをしたくないから」(55歳)

【8位 自分の(あまり好きじゃない)部下 5pt】

「人となりを自分で評価してのことだから」(53歳)

【9位 名家の1人息子 4pt】

「気後れする」(54歳)

一部、世間体や自身の体裁を気にしたコメントもあるが、「娘が不幸になりそう」「金銭的な苦労をさせたくない」と娘を気にかける声がほとんど。

やはり、いつまで経っても子どものことが気になるのが親というもの。男性諸君はそんなパパたちの心情を想像して、不安を覚えさせないよう準備を怠らないようにしたい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス