記事提供:LITALICO 発達ナビ

写真とスマホアプリなどで、誰にでも簡単に作ることができる「絵カード」。絵とシンプルな言葉がセットで伝わり、実際の経験とピタッ!と合えば、どんな子にも、新しいこと、複雑なことが、明確でわかりやすいものになります。

今回は、ほんの少しの上級テクニックを交えながら、「絵カード」を応用して、日常生活の中で活用するアレンジ術をご紹介します。

こんなに活用できる!絵カードを使った応用・アレンジ例

前回は、写真とスマホアプリを使って、誰にでも簡単にできる「絵カード」の作り方をご紹介しました。こうして作った「絵カード」は、自由な発想で、様々な場面で、どんなお子さんにも活用することができます。

今回は楽々かあさんが、我が家での日常生活の中で即!使える、「絵カード」アレンジを、上級テクニックを少しだけ交えつつ、実例でご紹介していきます。

初めてが苦手なお子さんに!事前にイメージがつきやすい手順カード

買い物の「手順カード」

こちらは、自分でお買い物デビューしたいと言う長女に、買い物の手順を教えるための絵カード。ものごとの手順を教えるには、絵カードを複数枚作って、「テキスト」で番号を振ります。

背景やその手順で必要ないものは、モノトーンに加工し、注目させたい部分だけを彩色する「カラースプラッシュ」機能(PicsPlay有料版機能)を使っています。

「カラースプラッシュ」は、お店の雰囲気や他のお客さんなど、背景の全ての情報を消さずに、ある程度シルエットは残しておきつつ、必要な部分に注目させたい場合に便利です。

PicsPlayの場合、「Fx」から「カラースプラッシュ」を選択すると、写真が一旦モノトーンになり、彩色したい部分だけ、指でなぞるとそこだけ色が着きます。

「カラースプラッシュ」機能がない場合には、「ペンツール」の大きめブラシで、グレーなどを選択し、透明度を50%などに調節して、トーンを落としたい部分を塗りつぶす方法などもあります。

また、台詞を入れたい場合には、先に「ペンツール」でフキダシを描いてから、テキストを入れます。アプリによっては、「シェイプ」や「スタンプ」に、フキダシの形が入っています。

この場合、写真は家にある人形と、玩具のレジスターなどを使って撮りましたが、兄弟やお友達、お店の人などに協力してもらって、「お手本」を撮らせてもらうのもいいと思います。

写真付きの「手順カード」があれば、小さな子でも複雑な工程が整理されて分かりやすくなりますし、カードを自分で作れば、生活上、学習上、色々なことに応用ができます。

例えば身支度、病院の予防接種、ケンカした時の謝り方など…。完成してプリントした「手順カード」は、パンチで穴を開けてリングで綴じたり、写真フォルダーなどに入れてまとめます。

新しいことに取組むのが苦手な子、落ち着いて取り組むことが苦手な子は特に、事前に写真で手順を確認し、心の準備ができれば、新しいこと、慣れないことへのチャレンジもしやすくなると思います。

パニック時でも安心!ものの名前と使い方カード

防犯ブザーの「使いかたカード」

このカードは、防犯ブザーの使い方を教えるために作ったもの。アプリの「ヴィネット」機能(Picsplay有料版機能)で、防犯ブザーに絞ってスポットライトを当てて、注目しやすくしました。

「ヴィネット」がない場合は、「ペンツール」や「図形」「スタンプ」、赤丸などで大事な所を囲んだり、矢印を書き込んだりすると良いと思います。フレームは、テレビ画面のような、下の余白の多いものをチョイス。

テキストが入れやすいので、このフレームは「絵カード」作成時に多用しています。写真の裏側には、直接手書きで、どんな状況の時にブザーを鳴らせばいいか、うっかり鳴らしてしまった時の止め方、などを書き込みました。

防犯グッズなどは、使い方をわかっているつもりでも、いざという時パニックになって、使えないこともあります。でも、「絵カード」にすればパニック時に見て、使い方を思い出せるきっかけにもなります。

使い方がわかったら、ランドセルや防災バッグのポケットに入れておけば、不安になった時、自分で何度も見直せて安心することもできます。

何度も注意したくない時に大活躍!マナーカード

「マナーカード」

長男を筆頭に、子ども達が食事中に「う◯この歌」の大合唱を始めるなど、それはいかがなものか?と思う行動をした時や、身だしなみのマナーを教えるために作ったのがこのカード

このカードでは、アプリ付属の「スタンプ」機能の顔アイコンや、手書きで「禁止」マーク・矢印を入れました。NG例とOK例など、複数フレームを使えば、画像を並べることができます(アプリは「FrameUrLife」を使用)。

NG例の写真には、フィルター加工で「セピア」や「モノトーン」などでトーンを落とすと、視覚的な印象が和らいで良いと思います。「こうすればカッコイイ」お手本の例や、良いマナーができた時などのポジティブなイメージも写真に撮れれば尚良いと思います。

子どもに気をつけて欲しいことを、分かりやすいフレーズの標語にして、テキストで入れると覚えやすくなります。

ポイントは標語のセンスです!この場合、川柳のように5・7・5調で、できるだけ楽しく単純明解な言葉を選びました。

【我が家の標語の実例】

・ 食事中 う◯こ し◯こ ち◯こ は禁止!

・ 食事中 動画見てるの さみしいな

・ シャツびろ~ん 白だけしまえば カッコいい

・ ち◯ち◯は 見せない 出さない さわらない(出していいのは トイレ・フロ)

言葉どおりに受け取るタイプには、百人一首や俳句のような、比喩表現では伝わりにくいので、非常にストレートな表現になっております(笑)。我が家の場合、楽しい標語は茶化してしまうこともありますが、まずはどんな行動がマナー違反なのか、自覚して貰うことからスタートしています。

それが「マナー違反」に当たる行為だと知っててやるのと、全く知らないでやるのとでは大違い。よく言う小言は、1度カードにしてしまうと、見せるだけでいいので、同じことを何度も言わずに済み、私も助かります。

これだけで、すぐに解決する訳ではないですが、最低限のマナーも、気長に見守りながら、楽しく(いつかは)身に付くといいなと思っています。

まとめ

どうでしたか?「絵カード」って、ずっと身近で、手軽で、便利なものとして、幅広く応用して使うことができるんです。そして、どんな子にも分かりやすく、言葉とイメージを同時に伝えることができ、保存や携帯にも便利なので、何度でも見直せます。

楽しく絵カードを活用すれば、新しいこと、複雑なこと、抽象的なことにも挑戦して、お子さんの「できた!」が増えていくかもしれませんね

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス