記事提供:It Mama

子どもって、話をする時に「ううんと、〇〇がね……ええっと△△でね……」といちいち前置きが入りますよね。しかも細切れにしゃべるので、何を言っているのかよくわからないことも多々あります。

そんな時、せっかちなママはついイライラして、「一体、何が言いたいの!」と詰め寄ったり、「じゃあ、〇〇なのね」と結論を急いでしまいます。

でも、意味不明な言葉でもゆったりと構えて、じっくり「そうなのね。うん、うん」「なるほど~」「そうなんだ!」「それで?」と耳を傾けてあげましょう。十分、話を聞いてもらった子どものほうが、よくお喋りするようになります。

そこで、今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が、子どもの話を聞くことについて、お話します。

■大人だって思っていることをうまく伝えられないことがある

あなたはこんな経験はありませんか?子育てセミナーを聞いてとても感動したので、参加しなかったママ友に内容を教えてあげようと思いました。その感動を、うまく相手に伝えられない……そんなことってありませんか?

子どもと同じように「あの」「その」「えっと」の言葉が多く入ってしまうこともありますよね。自分では十分理解しているつもりでも、これを相手にわかるように伝えるのは、かなりハードルが高いことなんです。

更に「セミナーの感想を文章にまとめなさい」なんて感想文を求められると、鉛筆が止まってしまうことだってあります。子どもはまだ母国語を獲得している真っ最中。

思っていることの3分の1も言葉には出来ませんから、考えながら話す時「ううんと、ええっと……」と自然となってしまいます。

■授業中、発言できない子にしない

筆者は子ども達に文字を教える授業をしていますが、例えば“ほ”の間違った例として、右側の部分で突き出た“ま”を黒板に書いてみせます。

「どこが違うでしょう」と質問すると、「ハイ、ハイ、ハイ」の嵐。「はい、〇〇ちゃん答えてください」と指名すると、「ううんと、えっとねえ、そこが、ううん……△※■〇※◇▲▽」となってしまう生徒が多いです。

「右上が突き出てしまっています」と説明できる子はわずかです。でも、決して「もっと分かりやすく説明しなさい」とは言わないようにしています。

もし、教師側が無神経にこう命令してしまうと、その子は次から、「うまく説明しなかったら叱られる。お友達にも馬鹿にされて笑われる」と臆病になり、発言をしない消極的な子になってしまうからです。

子どもは頭の中には言いたい答えがたくさん詰まっています。ですから「うん、そうなんだ。よく手を挙げて発表できました」と褒めてやります。それでだいたい満足します。

■遠足の思い出

保育園で動物園に遠足に行きました。翌日には壁面にパンダやライオンの可愛い絵が展示してあります。

その中にわが子の絵がただ赤や青でグルグル描いてあったら、「一体これはなに? なんの動物だかわからないじゃないの」と他の子どもの絵と比べて悲しくなってしまいます。

出来栄えのわるい作品に落胆し、「お絵描き教室にでも通わせようかしら……」とお絵描き指導をしたくなりますが、そこはグッと我慢しましょう。

丸でグルグル描いていて大人には何の動物かわからなくても、子どもなりに一生懸命表現しているのです。たくさんの感動をして子どもなりに描いているのです。

たとえママが「これなあに? 虎さん描いたのね」と言って、「違う、象さん」と答えたら「あら、象さん描いたのね。上手ね」とそのグルグルを褒めてやりましょう。

いかがでしたか。子どもが表現できていることは、思っていることのうちのほんの少しです。幼い子どもに「大人がわかるように説明してほしい」と思うのは大人が満足を得たいだけ。確認行為であるテストのような尋問をするのは控えましょうね。

【参考・画像】

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス