記事提供:Conobie


感情的に怒るよりこの方が効果的でした。

やってはいけないことを何度もやられると、ついつい大きな声で怒ってしまいがちです。しかしそれではなかなか言うことを聞いてくれないし、余計に自分もストレスが溜まってしまうという悪循環でした。

感情に任せず、子どもに落ち着いて伝えればわかってくれることが多いんですよね。うまくできずに、まだつい『怒る』状態になってしまうこともあるのですが、そうなってしまった時は、「大きい声で言っちゃってごめんね」と子どもに謝るようにしています。

また「次ちゃんと“叱ること”ができるように頑張ろう!」と、切り替えるようにしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス