忙しい毎日に、自分へのご褒美

毎日毎日、仕事、家事、子育て、近所付き合いと忙しい現代人。
日本の社会では、ちょっと休暇を取ってどこかへ行きたいと思っても、なかなか実現できることではありません。

「海の見える遠い町に行って、穏やかな時間を過ごしてみたい」
そんな願いが、叶ってしまう方法があります。

それは、田舎生活のゲームをしたり、実況動画を見ることです。
テレビやPCのモニターに向かってヘッドフォンを付ければ、そこはもう都会の喧騒から離れた、静かで穏やかな田舎町。

さぁ、有給を取らずに何泊もできる、夢のリフレッシュ休暇をエンジョイしましょう! 

『ぼくのなつやすみ2』実況動画

無料で動画が視聴できる「FRESH! by AbemaTV」に、ピッタリのゲーム実況がありました。
『ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇』の実況動画です。

理想の田舎暮らし体験を叶えてくれる動画の内容を、ちょっとだけご紹介します。

懐かしの学習帳

ゲームを開始するとまず登場するのが、「ジャッポニッカ学習帳~♪」のメロディでお馴染みのノートです。
セーブデータ名が3年○組、という風になるんですね。

こんなところまでノスタルジーに浸れる要素が詰まっています。

船旅

オープニングは小さな船の上、お姉さんと船頭さんの会話から始まります。
お姉さんは田舎町出身ですが、東京の高校に通っているそうです。
「ホームシックにならなかったんだよ、すごいでしょ!」と得意げな様子が微笑ましいですね。

そのお姉さんが船の後方に座っていた男の子に気付き、声をかけると……。

顔を上げた純朴そうな少年、それが主人公ボクくんです。

お母さんが臨月を迎えために、夏休みの1カ月間を田舎の親戚宅で過ごすことになったとのこと。
都会の子らしく大人びた性格ですが、ちょっと抜けたところがあるのが可愛い9歳の男の子。

キャラクターデザインは、キ○イ○レイほか、さまざまなCMや挿絵で有名な上田三根子さん。
シンプルでほんわり温かく、親しみを感じるデザインになっています。

島の風景

船が港に着き、伊豆半島の田舎町「冨海」の風景とともに、主題歌、井上陽水さんの名曲のカバー、沢田知可子さんが歌う「少年時代」が流れます。

モデルになっているのは静岡県伊東市の冨戸。
このオープニングムービーで描かれる風景は、現地とほぼ同じとのことなので、旅行前のイメージトレーニングにもいいかもしれませんね。

明治乳業ならぬ大正乳業。
田舎の売店には、ベンチやアイス販売ボックスにメーカーの名前が入っていましたよね。
スーパーやコンビニでは見られない、懐かしいオブジェです。

このボクくんの親戚の民宿「茜屋」は、モデルがなく美術さんのオリジナルなんだとか。
実在したら素敵だったのですが……水上に張り出した特別な旅館、ゲームの中でこのロケーションを堪能しましょう。

島でできること

主人公ボクくんは、田舎での生活でさまざまな体験ができます。

まずは、この豊かな海で泳ぐこと。
泳いで何をするというわけではないのですが、実際に操作してみるとスイスイ進むのがクセになります。

9歳ながら潜ることもできる、ハイスペックな主人公。
縦横無尽に泳ぎ回る映像を見て眠れば、人魚気分の夢が見られるかもしれませんよ。

魚を釣ることもできます。
釣りメインでないゲームにしては、待ち時間が長くリアルです。

場所を変え、エサを変え、いろいろな魚をGETしましょう。
釣れる魚の種類も、モデルとなった東伊豆とほぼ同じだそうです。
大きな魚を釣ると、版ご飯のおかずになります。
田舎ならではの、究極の贅沢ですね。

虫捕りも田舎暮らしの重要な任務。

セミ、チョウ、カブトムシ、クワガタ、テントウムシ……などなど、たくさんの種類の虫が生息しています。
図鑑もあり、コンプリートするのはなかなか難しそうです。

捕まえた虫は、虫相撲で戦わせることができます。
レアな虫をコレクションするだけではなく、鍛えて技を覚えさせ、最強の虫マスターを目指すのです! 
こんなミニゲームまで充実しているので、ついついムキになってしまうんですよね。

そのほかにも、公園の遊具で遊んだり、王冠を集めたり、売店で駄菓子を買ったり……と、田舎暮らしを満喫できる要素がてんこ盛り。

ただの背景に見えても、触って遊べる遊具だったりするので、隅々まで探索する楽しみがあるのです。
上の画像の、『ドラ○もん』に出てくる空地のような場所も、立てられた円柱によじ登ったり、飛び移ったりする遊びかできます。

住民との交流

田舎暮らしの醍醐味といえば、地元の人々との交流も欠かせません。
気のいいおじさんおばさん、頼りになるイトコのお兄ちゃんタケシ、勉強が得意でちょっと生意気なシゲル、船で出会った明るくて優しいお姉さん靖子……。

個性的だけどどこか純朴で穏やかな住人たちとの心温まる交流が、夏の思い出をより鮮やかに彩ってくれます。

この緑、何だかわかりますか? 
そう、折り紙のパクパク(正式名称不明)です。

『ぼくのなつやすみ2』では、靖子の妹、光ちゃんがこのパクパクで「占い」をしてくれます。
占いを活用すれば、その日にどこへ行けばどんなイベントが起こるのかのヒントが得られるのです。

「占ってあげようか?」とちょっとだけ生意気に話しかけてくる光ちゃんですが、主人公ボクのことを気に入ってくれたようです。
実はイトコのシゲルが光ちゃんのことを好きだったり、光ちゃんはちょっかいを出してくるシゲルのことが嫌いだったり、光ちゃんと仲良くなったボクにシゲルが嫉妬したり……。

大人目線からだと微笑ましいトラブルも、子どもの世界では大事件。
そんなビビットな子ども時代の感性を思い出しながら、3人を見守っていきましょう。

実況動画はこちらから

今回紹介した画像は、「FRESH! by AbemaTV」のチャンネル、マスターTVで見られる実況動画からピックアップしたものです。

実況主のマスターさんは、福山雅治の声マネ実況で人気の方。
福山雅治がナビゲーションしてくれる、田舎生活へのトリップ……素敵ですよね。
ぜひ動画をチェックしてみてください。

FRESH! by AbemaTVで無料放送中!

この記事を書いたユーザー

GAMY編集部 このユーザーの他の記事を見る

ゲーム攻略サイト・GAMY(ゲーミー)です。ゲーム実況動画に関するトピックスをメインにお伝えしてゆきます。https://gamy.jp/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス