記事提供:CIRCL

顔の皮膚をベリベリはがしたら下から違う顔が出てくる――ハリウッド映画などでよく見るシーンだが、これが現実のものとなろうとしている。

ただし、皆さんが持っている映画のイメージのような、他人への変身のためのマスクではない。若い時の自分に変身するためのマスクである。

「第二の皮膚」を顔に張る

アメリカの科学者が開発しているのは「セカンドスキン」。つまり「第二の皮膚」である。

この製品は、皮膚に塗ると乾いて固まりフィルム状になる。このフィルムが皮膚の一番外側に一層張り付く状態になる。

このフィルムには、皮膚を守るだけではなく、皮膚が呼吸をするのを邪魔しないという性質がある。さらに水分が蒸発するのを防いで、皮膚のみずみずしさや弾力を向上させる。

フィルム自体は透明なため見えないが、このフィルムによりしわが少なくなり、見た目が若々しくなる。見た目だけでなく、テストによって皮膚の弾力が回復するということも証明されており、肌触りも若返るようだ(※1)。

老化の大きな原因は皮膚の水分不足

皮膚の老化のメカニズムはいくつかあるが、大きな原因は皮膚の水分の低下である。
年齢とともに、セラミドなどの皮膚の細胞間にある天然保湿因子が減少することによって、皮膚自体の保湿機能が低下する。また、皮膚の表面から水分の蒸発を防ぐ皮脂の分泌も年齢とともに低下する。

皮膚の水分が少なくなることで、みずみずしいもちもちした見た目や感触がなくなり、乾燥してしわが増えていくのである(※2)。

このフィルムは、皮膚から水分が蒸発してしまうのを防いで皮膚の潤いを保つのだ。そのため、見た目だけでなく弾力性も回復してくれる。

第二の皮膚 実用化されるまでにはもうしばらく!

このフィルムは、当初は化粧品として開発されてきた。しかし、研究者によると、最終的には医療品や日焼け予防にも使われるのではないかと考えられている。

このフィルムは一日装着しても炎症を起こさず、汗や雨などにも耐性があるという。すでにいくつかの小規模な治験は終了しているが、まだまだテストが必要で、安全性に関する認証も必要であるため、実用化されるのはまだ先になるだろう(※1)。

今では男性もスキンケアをする時代になってきている。将来的には、化粧の代わりにこのフィルムを 張るようになるのかもしれない。マスクをはがしたら「ある意味」別人だったということのある時代になっていくのだろうか。

※1:Scientists make 'second skin' to hide wrinkles
※2:肌年齢って? 肌の成長と老化のメカニズム  http://www.yakult.co.jp/healthist/218/img/pdf/p20_23.pdf

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス