記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

8月29日(月)、日本の国際共同研究グループにおいてマイタケに脂質ラフトという動物の細胞膜上の脂質構造に結合するたんぱく質が発見され、インフルエンザウイルスの増殖が抑制されることが分かりました。

新しく発見したタンパク質は「ナカノリ」と名付けられ、エイズやエボラウイルスなどの感染にも効果が期待できるとされており、さらに研究が進められるので今後も目が離せないです。

インフルエンザに効果的な脂質ラフト「ナカノリ」とは?

「ナカノリ」はマイタケの抽出液から発見されたたんぱく質で、アミノ酸202個からなります。

脂質ラフトの基本構造である「スフィンゴミエリン」と「コレステロール」が合わさったものにのみ結合することが明らかになり、また別の実験によって「ナカノリ」はインフルエンザウイルス感染の後期、出芽の段階を阻害することも分かりました。

注目すべきマイタケの栄養成分

ビタミンD

カルシウムの吸収や骨への定着を促進する働きを持ちます。

カリウム

むくみを取って余分な水分の排出を助けます。

亜鉛

たんぱく質を作ったり骨を育てるためにも重要です。

ナイアシン

脂質の代謝を促進するなどのはたらきがあります。

食物繊維

便秘を防ぎ不要物の排出を助けてくれます。

葉酸

不足すると悪性貧血などを起こします。妊婦さんには特に大切な栄養素ですね。

リン

カルシウムとともに歯や骨を作ります。

マグネシウム

酵素の働きを助けてくれるなどします。

ビオチン

肌をきれいにしてくれる働きがあります。



酵素の正常な働きを助けてくれます。

キノコキトサン

脂肪分の吸収を抑えてくれる働きがあります。

MXフラクション

余分な脂肪の排出を助けてくれ、中性脂肪やコレステロールを減らしてくれます。

その他にもマイタケに期待できる5つの効果

1.ダイエット

豊富な食物繊維、低カロリーと良いことずくめですね。

2.免疫力UP

マイタケはβグルカン、ビタミンB群などを豊富に含み免疫力を高める効果に関しても注目され、研究されています。

3.抗ガン作用

マイタケに含まれるMDフラクションという成分が特に抗がん作用が高いといわれます。

4.エイズ抑制

海外ではエイズに対する効果で臨床試験が進められています。

5.生活習慣病の改善

マイタケはインスリンへの反応を鋭敏にして糖尿病の予防をしたり、脂肪の代謝を促す役割があるといわれます。

マイタケの効果的な食べ方と注意

出来れば毎日、お味噌汁やソテーなどの形で、一品くらいをマイタケを使ったものにすると、50g程度の摂取量になりちょうどよいのではないでしょうか。

食物繊維豊富ですから、いきなりとりすぎるとお腹が緩くなったりすることがありますよ。

日本人の2人に1人が感染!? 「胃がん」の発生のもとに…≫
1分で簡単チェック【ピロリ菌感染度】を診断してみる

医師からのアドバイス

マイタケは健康にもよく低カロリーでおいしいと、いいことずくめですね。嫌いではない方はぜひ食べましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら