記事提供:いいモノ調査隊

みなさん、こんにちは!

プロレスリング・ノアの丸藤です!今回ご紹介する商品は祭り足袋(たび)の1つ。

みんな知ってると思うが、足袋というとお祭りでお神輿(みこし)担ぐときとか、人力車の人とかが履いてる日本古来の履物だ。今回はそんな足袋とスニーカーが合体した新しい履物を紹介する。その名も「SPORTS JOG(スポーツジョグ)」!!

箱は和風な感じでオシャレ。

ひとまず箱を開けてみよう。おっ、見た目は普通のスニー…いや、足袋たるゆえんはこの爪先だな。

見た目。これ、普通に格好いいじゃん!

割れている。

足袋のもっとも大きな特徴である、親指と残りの指の二股に分かれている爪先。このおかげで足先に力が入りやすく、踏ん張りやすいというメリットがある。

さらに、足にフィットする形になっているから、細かい動きにも対応できるんだ。でも昔はただの布だったから、耐久性がなかったし、足の保護ができない。

そのデメリットを解消したのがこのスニーカー風の「SPORTS JOG(スポーツジョグ)」というわけ!

これまでも下にクッションがついた地下足袋は存在していたが、これは靴ヒモなども付いてさらにフィット感が増していそうだ。

スニーカーというよりかは、限りなくレスリングシューズに近い感じ。裏にもしっかり滑り止め。

そしてこのスポーツジョグの特徴なのだが、ソールもとても柔らかい。

よし、履いてリングでいろいろやってみよう!

お!履いた感じも足にしっくりくる感じだ。なんだかワクワクしてきたな。

まずはやはりロープワークから。

よし、プロレスでいわれるビッグブーツ(足裏で相手の顔を蹴る)をやってみよう!

はい、こんなときに登場いただくのはご存じ、平柳ゲンバ選手!!来てくださーい!はい、ここにこうやって立ってね…。

※いじめでも、しごきでもございません。足袋シューズのレポートです。

次は、足の甲の感じはどうだろう。胸へのミドルキックと脚へのローキック!!

はいはい、平柳選手―!来てくださーい。

※平柳選手が胸へのミドルキックを受ける直前、ビクッとしているかもしれませんが、本当に足袋シューズのレポートです。

※脚へのローキックの後蹴られたところを押さえていますが、たぶん大丈夫です。

よし、ストンピングだ!またまた、平柳選手―!ここにちょっと寝てくださーい。

※いじめでもなく、平柳選手に怒っているわけではありません。真剣に足袋シューズの良さをお伝えしたく、レポートしております。

最後は得意のトラースキック!!最後ですよ、平柳選手―!

※平柳選手は吹っ飛んでいますが、足袋シューズのレポートのためです。

とにかく軽い!柔らかい!動きやすい!

なんせ、この記事を書いてからずっと練習で使っている!!

足袋だけに、お神輿を担ぐとき、長時間歩いたり走ったりするとき、これは足腰の負担を軽減してくれるのに役立ちそう。体を動かす場面では本当に、チョーーーーーーーーーーーーーおすすめだぜ!

あっ、ちなみにこれ履くときは指割れソックスを履いてね!以上、伝統と最新技術が合体した最新の履物、足袋スニーカースポーツジョグの紹介でした。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス