記事提供:まだ東京で消耗してるの?

こりゃすごいですね~。アメリカだ!

モーターホームを知っていますか?

日本でも最近はやりだしたキャンピングカー。欧米ではさらに深い文化が形成されており、キャンピングカーの上位版ともいえる「モーターホーム」なんて製品もあったりします。

どんなものか?

どどどーん!!最上級のモーターホーム「Allegro Bus 45LP」の内装です。ホテルかよ!!

外観…日本じゃ運転できませんね!全長13メートル!

シャワー・トイレも完備。クルマです、これ。

出典 YouTube

動画でも。…いろいろすんげー!!

間取り。下手なマンションより広いだろこれ…。

車幅をググッと伸ばす機構「スマートスライド」も搭載。かっちょえぇ!

気になるお値段は…。

ベース価格で約40万ドル。オプションをフルでつけると43万ドル。

日本円だと5,000万ほどあれば手に入る計算になりますね。あれ?そう考えると意外と安いかも?

他にもたくさん

巨大なモーターホームは他にもたくさんありまして、たとえば「Tuscany 42WX」。中古車で28万ドル。これも意外と安い?

こちらもすごい。「CORNERSTONE 45B」。

日本でこういうクルマを取得できる日は…まぁ、来ないでしょうね。北海道とかならいけるかな?輸入するのも一苦労だろうけど…。

モーターホームについてはこちらのムックが詳しいので、気になる方はどうぞ。男の夢ですね!

キャンピングカーがほしい。でも、まだ待ちだな

キャンピングカーを買って、ノマドに生きていきたいなぁ、という思いが強くなってきています。

せっかく自由な仕事をしているので、自動運転機能つきの電気自動車が出てきたら、キャンピングカーにして日本全国をうろうろしようと思っています。

あと5~6年後にはいいモデルが出てくるはずなので、それを待っている状態です。とりあえず不要になった軽トラを改造してキャンピングカーを作るところからかな…。まだ死ねませんなぁ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス