本山町発の新しいメディア「四方山商店」から。これはあるある。

エコな食器用洗剤を考える前に必要だった、普通のこと(汗)|四方山商店

洗剤いらなくね?

さて、早速告白します。これはもう、超恥ずかしい話なんですが、それまでの私はどんな洗い物でも洗剤使ってじゃぶじゃぶ洗ってたんですよね。油ものであろうがなかろうが…。

なんか、泡で洗わないと気持ち悪いというか、洗った気がしないというか、それがもう当たり前になりすぎていて、なので、「全ての食器を洗剤で洗う」こと前提で洗剤探しをしてました。

でもぶっちゃけ、環境にやさしい洗剤は普通にスーパーで売っている洗剤に比べるとべらぼうに高くて、泡立ちもそこまで良くはないので、普通の感覚で使っているとすぐになくなってしまいます。

これは…お金がもたないではないか!

そんな時、私の住んでいる地区の方たちが作られているアクリルたわしを頂いたんです。

そこでひとまず、油もの以外はこれで洗うようにしてみました。

そしたら、もちろん、何の問題もない。(笑)

そりゃそうですよね。アクリルたわしは軽い油ものでもこれ一つで大丈夫、という触れ込みの一品です。

油ものでもないんだから、本来は洗剤を使う必要もなかったものです。

出典 http://www.ikedahayato.com

そうそう。ぼくも一人暮らしを始めたときは、なんでも泡だらけにして洗ってましたね~。

あるとき洗剤をケチって水だけで洗うようにしてみたら、ぜんぜん問題ないことに気づいて、それからは油物以外は洗剤を使わずに生活しています。

油物に関しても、わがやは洗剤を使ってません。

どうやって洗っているか?

石鹸です。普通の石鹸。

環境負荷も考えて、無添加のシンプルな石鹸を使っています。これとか。

「え?石鹸で食器洗うの?」という感じかもしれませんが、ふっつーに落ちますよ。当たり前といえば当たり前。ちなみに髪の毛もこれで洗ってます。わがやは洗濯も石鹸(液体・粉末)ですね。

実はいらないものばかり

割とこういう話は多くて、バスタオルとかリンスとかシャンプーとかも、よく考えたらいらないんですよ。

ぼくは歯磨き粉も使っとりません。ドルツジェットウォッシャーと電動歯ブラシで、いつもピカピカ。

女性の場合は化粧をしなくなる、というのもよく聞きます。ぼくもめっきりオシャレとかはしなくなったなぁ。バンブーコットンの服をこれでもかと着ています。

大量消費の社会にどっぷり浸かっていると、知らずしらずのうちに、何かを買わされているんですよねぇ。

シンプルな田舎暮らしをしてみると、そのことがよくわかります。これもまた、移住のメリットのひとつといえるでしょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス