記事提供:しらべぇ

夏太りが気になり、食欲の秋になる前にダイエットに励みたい時期。しかし、暑くて何もする気が起きない。せめて、食事量を減らしたいけれど、夏バテはしたくない。そんなものぐさな人にオススメのコンビニ飯があるという。

しらべぇ取材班は、リオ五輪の柔道で金メダルを獲得した大野将平選手に食事面でアドバイスしていた経験のある、20代の女性スポーツインストラクターに話を聞いた。

■コンビニ飯でダイエットに適したものとは

インストラクター:コンビニ飯で減量するならアミノバリューウィダーinゼリーが最強の組み合わせです。それだけを摂取しながらトレーニングすればあっという間に体重の数値は落ちます。アスリートじゃないなら、そこまでする必要はありませんけども。


主食にしたいのはパスタですね。炭水化物なんですが、太りづらいとされています。サンドイッチもいいですね。野菜を摂れますから。ヨーグルトで乳製品を摂取するのもいいでしょう。


基本的に痩せたいなら、炭水化物を抑えて、野菜とタンパク質を摂取するのが一番効率的なんです。特にタンパク質はたっぷりとっておくといいでしょう。だからサラダもいいですね。鶏肉の入ったサラダなんて最高です。


タンパク質を摂取する目的であれば、やはりササミでしょう。あとフルーツゼリーを食べると、果物の栄養分が得られます。重要です」

出典しらべぇ

■ダイエット時に絶対食べてはいけないコンビニ飯とは

インストラクター:夏は暑いのでアイスが食べたくなりますよね。でもクリーム系は厳禁です。ガリガリ君でガマンしましょう。


おにぎりは諦めてください。炭水化物の王様です。ダイエット時は控えるようにしてください。パンはカロリー表記を見るようにしましょう。メロンパンは案外カロリーが高いのに量が少ないので満足感的には物足りないかなと思います。


カップラーメンは案外油が多いので注意してください。基本的に油はよくないです。


油物といえば、アメリカンドッグから揚げがコンビニ飯でついつい頼んでしまうものですが、あれらフライヤーで揚げたものはカロリーのバケモノだと思ったほうがいいです。痩せたいのなら厳禁中の厳禁です」

出典しらべぇ

コンビニの食べ物でもチョイスを失敗しなければ、痩せることは可能なようだ。あとはカロリーに見合ったトレーニングをしておけば夏太りは解消される。

権利侵害申告はこちら