後ろ足が麻痺したエディ

エディは、飼い主がもうこれ以上面倒看きれないと地元のシェルターに連れて来られた犬で、脊髄を損傷して後ろ足がまったく動かない状態でした。それが飼い主が面倒を看られないという理由でした。

エディはその不自由な体にもかかわらず、とてもハッピーな性格の犬でした。

エディは殺処分されるその日に、ニューヨーク市のセカンド・チャンス・レスキュー(動物愛護団体)がシェルターから保護しました。

出典 https://www.facebook.com

エディ

車いすをもらったエディ

「エディはいつも笑っています。エディは逆境にも負けない強い精神を持った犬です。そして、みんなに笑顔をもたらしてくれます。」とエディを保護したセカンド・チャンス・レスキューのKelcy Kimmererさんは言います。

エディは、 ハンディを抱えた犬たちに特別なケアをしてくれるCamp SCRに連れて行かれ、そこでエディにとって最高の贈り物として、車いすをもらいました。

出典 https://www.facebook.com

エディに最高の贈り物として、車いすをプレゼントされました。

動揺することなく車いすを使いこなすエディ

エディは、初めて車いすをつけられても、まったく動揺することもなく、すぐに車いすを使いこなせたのです。「エディはとても大胆で頭のいい犬です。」とKimmererさんは言います。

ハンディを抱えた子犬の世話

エディは、自分が障害を抱えているとは、ぜんぜん思っていないみたいです。

更にエディは車いすをもらったCamp SCRから来るハンディを抱えた子犬たちの世話をするのが大好きです。特にオッピーのことがお気に入りです。

出典 https://www.facebook.com

オッピーのことがお気に入りのエディ

全盲のオッピー

オッピーは、飼い主が安楽死させるために獣医に引き渡されたところをセカンド・チャンス・レスキューが保護した犬です。

オッピーは両目の眼球が頭蓋骨に引っ張られる先天的な病気を抱えていて、全盲でした。更にオッピーは眼球を取り出さなければならない状態でした。

費用と手がかかるため、飼い主はオッピーを安楽死させようとしたのです。

出典 https://www.facebook.com

先天的な目の病気で全盲のオッピー

エディとオッピー

オッピーはとても内気でなかなか新しい環境に慣れない子犬でした。

そんなオッピーとエディがセカンド・チャンス・レスキューで出会いました。

エディは、全盲のオッピーに世界はそれほど怖い所ではないということを教えました。エディが傍にいることでオッピーは落ち着きました。オッピーはエディが傍にいないと探します。エディは時々、オッピーを自分の車いすに乗せたりもしていました。

出典 https://www.facebook.com

目の見えないオッピーに寄り添うエディ

エディがオッピーに勇気を与えた

内気で殻に閉じこもっていたオッピーに、エディが勇気を与えました。

エディはこの世界は、とても素晴らしい所だということを少しずつ教えているみたいでした。

出典 https://www.facebook.com

2匹を保護しているセカンド・チャンス・レスキューは、できればこの2匹を一緒に迎えいれてくれる家庭を希望しています。2匹は互いに深い絆で結ばれているので、このまま一緒に過ごさせてくれる人が現れることを願っています。

最後に

体にハンディを抱えているからと、殺処分有りのシェルターに連れて行ったり、動物病院で安楽死を希望したりする飼い主はとても多いのが現実です。費用や手間がかかるペットは望まれていないということです。

そんな動物たちを救い続けているセカンド・チャンス・レスキュー(慈善事業の動物保護団体)です。そんな彼らにも今、限界が来ているようです。

それはイコール殺処分、安楽死されてしまう犬たちが増えてしまうということになります。

アメリカも日本も。。そんな事情はまるで同じですね。その反面で、プッピーミルなどから仕入れた子犬たちを売るペットショップが存在し、それらを好んで買う人たちがたくさんいる。。なんだかなぁ~と本当に考えさせられてしまいます。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス