記事提供:赤すぐみんなの体験記

子どもが二人になってから、一番大変だったことは夜泣きでした。息子の夜泣きは酷く、ほぼ毎晩のように30分~1、2時間は泣き叫んでいました。息子一人の時でも大変でしたが、今度はもう一人います。

関連記事:精神が消耗した自分と泣き止まない赤ちゃん。不安だった二人っきりの日々 by フクミー

そして、息子が泣くと起きてしまう下の娘。オッパイをあげていれば泣かずに吸っていてくれるのですが、片方には泣き叫び暴れる息子。もう片方は授乳。この時はよく、「オッパイ、1m位伸びないかな」と、ふざけた事を本気で思っておりました。

そしたら、息子を抱っこであやしながら娘にオッパイをあげられるから(苦笑)それにしても、息子の夜泣き、本当に凄かったです。

全身を大きく震わせて泣くのですよ。どんなに優しい言葉をかけようが息子にはその声が届かず、ひたすら泣き続けました。(後に分かったのですが、夜驚症だったみたいです)

娘を離して息子をあやしたら、今度は娘が泣くしで‥。この板挟み状態がほぼ毎晩続いていました。動けないのが本当に辛かったですね。(辛すぎて腰を悪くし、一時は歩けなくなりました)

大体1時間はこの状態が続き、さらに思考が停止してきます。

そして、私は思い出したかのように「大丈夫。朝がくるころには泣き止んでいるから。明日はくるから」と呟いてました。

呪文のように息子にも「大丈夫、大丈夫。ママいるよ」と、繰り返し言っていましたが、今思えば、あれは自分にも言っていた言葉だったのでしょう。

娘が寝て、うまく布団から出ると泣いている息子を抱えてよくソファーであやしながら、気づくと寝ていました。

そして…。

娘の、「オッパイ」の泣き声で目が覚めるという…。

あの頃は本当に出口のない迷路のようで…この夜泣きの日々は一体いつ終わるのだろうと毎晩毎晩思っておりました。今や息子は5歳、娘は3歳になり、夜泣きはほぼ0になりました。あんなに長かった日々は気が付いたら終わっていたのです。

思えばあっという間でした。(娘の夜泣きは、ほとんど無い)今はもうないと思うと…寂しく…なんて勿論思いません!朝まで寝れるって、本当に素晴らしいことだと思うのです。

赤すぐみんなの体験記のおすすめ記事】


権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス