記事提供:Conobie

巷では、お友達同士でおそろいの洋服を着る、双子コーデが流行っています。双子を産んだからには、やらずにはいられない双子コーデ。大変な双子育児の中で、最大の楽しみとなっています。

そっくりな顔の女の子が、おそろいの洋服を着て、並んでいるのを見るのは、格別に愛らしく、見ているだけで癒されます。我が家の本当の双子による双子コーデの裏側をご紹介します。

双子を産んだからには、やらずにはいられない双子コーデ。大変な双子育児の中で、最大の楽しみとなっています。そっくりな顔の女の子が、おそろいの洋服を着て、並んでいるのを見るのは、格別に愛らしく、見ているだけで癒されます。

そんな双子による双子コーデですが、楽しいだけではない苦悩があります。

同じ色・サイズってなかなか見つからない?

可愛くて、着せたい!!と思った服も、可愛いだけあってよく売れるのでしょう。一着しかなくて、泣く泣く購入を断念することがあります。

同じ種類の服が数着あっても、欲しいサイズが一着しかないというパターンもあります。この場合は、服の可愛さに負けてワンサイズ上の服を買うこともありますが、やはり襟周りが広いなど、服を着用する上で若干の弊害があります。

1歳児でも女の子。どうやら可愛らしい色の服がお互い好みらしく、色違いの服を用意すると、目当ての服をめぐってケンカが勃発してしまいます。こうなると我慢させられた方は、朝からご機嫌ナナメになってしまいます。

双子コーデはこうなんだ~

お取り寄せをお店にお願いするという手もあるのですが、安価なお店だと、お取り寄せ自体を行っていないお店もあるので、チェーン店の場合は、別の店舗まで足を寄せて購入するなどの手間があります。

通販での購入は便利ですが、実際に服を手に取れないので思っていたものと違うこともあります。

こんな風にささやかな苦労のもとに成り立っている双子コーデ。完全に自己満足ではありますが、双子の親子を見かけた際は、苦労しているんだな、と思いをはせてみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス