記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

ある夜、寝苦しさを感じてふと目を覚ましてみると、身体が動かない…。恐怖を感じながらゆっくり目を開けると、おぼろげながら自分の身体にのしかかる幽霊の姿が……。そんな恐怖体験として語られることの多い「金縛り」ですが、一説によると、一生のうちに金縛りにあう人は全体の30〜40%なのだとか。つまり10人のうち3~4人は金縛りにあっているわけですね。

それでも個人差があり、連日のように金縛りにあう人もいれば、まったく無縁の人もいます。金縛りの正体は幽霊ではないと聞きますが、なぜ怖い思いをする人が多いのでしょうか。 睡眠総合ケアクリニック代々木の中村真樹院長に、その真相を伺いました。

金縛りで幽霊を見た体験談が多いのはなぜ?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があることは有名ですが、金縛りが起きるのは、レム睡眠の間だけと中村先生

「レム睡眠時は、全身の筋肉が弛緩し、身体に力が入らなくなります。身体がレム睡眠の状態のまま、突然脳が目覚めてしまうのが金縛りの正体で、正式には睡眠麻痺と呼ばれる現象です。脳が起きているので身体を動かそうと指令を出しますが、身体は寝たままなので、思うように動くことができません」(中村先生)

仕組みは理解できるのですが、金縛りにあったとき、多くの人が霊的な現象を体験し、幽霊を目撃しています。「何者かが胸の上に乗っていて、息苦しかった」という話を聞くこともありますが、これらの現象も医学的に説明できるのでしょうか。

「レム睡眠時には夢を見るため、中途半端に目覚めているときは夢と現実を混同してしまうことがあるのです。しかも、レム睡眠時は一時的で急激な感情の動きをコントロールしている脳の部位(扁桃体)が活発に動いていて、恐怖感や不安感を感じやすくなっています。そのため、何か幻覚のようなものを見て恐怖を覚える人が多いのでしょう」(中村先生)

なるほど…。確かに普段も、寝ぼけて夢と現実を混同してしまうことがあります。金縛りという異変が起きているとすれば、なおさら混乱しやすいかもしれません

「また、“胸の上に何かが乗っていて苦しい”と感じるのは、睡眠麻痺が起こると、呼吸をするための筋肉にも意図的に力が入りにくくなるためです。肺の筋肉が動かないために胸が苦しく感じるだけで、実際に何かが乗っているわけではありませんよ」(中村先生)

金縛りのメカニズムは科学的に解明済みで、幽霊と錯覚することも、医学的に説明ができることなのですね。 怖がりの人も、これで安心して眠れそうです。

金縛りになる人に特徴はあるの?

それでは、毎日のように金縛りにあう人がいれば、一度も経験したことがない人もいます。この違いは、どこにあるのでしょうか。

「金縛りの主な原因は、本来なら規則的にあらわれるはずのレム睡眠が、不規則に出現してしまうことです。不規則な生活や過労、精神的ストレスが原因となることが多いです。まれに、家族性といって遺伝的に金縛りになりやすいという人もいます」(中村先生)

金縛りにあいやすい年齢としては、生活が不規則になりやすい10〜20代の若い世代に多く、年齢が上がるにつれ起こりづらくなるそう。時間帯としては深夜帯、季節は夏のほうが出やすいといいます。夏に起こりやすい理由は明らかになっていませんが、寝苦しく、深い睡眠をとりにくいことが一因と考えられるそうです。ちなみに、ナルコレプシーの治療を受けている人は注意すべき点があるとのこと。

「きちんと睡眠時間をとっているのに日中に激しい眠気を感じるナルコレプシーの人は、眠りを維持する機能が落ちています。そのため、不規則に目覚めてしまうことが多く、金縛りにあいやすいようです。ナルコレプシー患者の20〜60%が、睡眠麻痺を頻繁に経験しています」(中村先生)

≪それにしても眠すぎる…のは睡眠の質が悪いからかも!≫
1分で簡単チェック【睡眠の質】を診断してみる

金縛りにあった時の対処法

金縛りを予防するには、何よりも規則正しい生活を送ることが一番。シフトワークなどでどうしても難しいという場合には、睡眠の質を上げることを心がけましょう。何度も金縛りが繰り返され、十分な睡眠がとれずに日常生活に支障をきたすほどであれば、抗うつ薬を服用し、レム睡眠を出にくくするという治療法もあります。しかし、基本的には生活と睡眠習慣の改善によって防げるものだそう。

では、もし金縛りになってしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。

「対策法は、そのまま放っておくのが一番です。無理に動こうとすると逆に不安になるので、“金縛りだな”と思いながら「無視」してじっとしていましょう。通常、金縛りは数分のうちに解消し、自然にまた眠ってしまうか、そのまますっきりと目覚めることが多いですよ」(中村先生)

金縛りにあっているときは焦ってしまって時間の経過が長く感じますが、実は数分の出来事。幽霊ではないという仕組みがわかってしまえば、何も怖いことはありません。もし金縛りにあったら、「今日は疲れていたのかな」「最近不規則な生活が続いていたからかな」と気楽に構え、やり過ごすのがよさそうです

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス