元TBSディレクターにして、現在はロスで起業し、「Wowmax Media!」を経営する海部正樹さんによるメルマガ、『ロサンゼルスで起業してしまったボクの本気メルマガ!』。

今回はSMAPの元マネジャーとして一躍時の人となった、飯島三智さんのエピソードをご紹介します。自身がTBSのADだった頃から飯島さんと面識があったという海部さん。彼が知る飯島さんとはどんな方だったのでしょうか?

「ジャニーズ事務所の飯島さん」との思い出

SMAPの解散騒動で、一躍その名が知れ渡ったのがマネジャーのI女史こと飯島三智さんです。本来マネジャーは裏方中の裏方ですから表舞台に出ることはないのですが、今回は一躍時の人。

今でもとても親しい…と言うわけではありませんが、飯島さんは昔仕事でお付き合いがあり、面識があります

私は新卒でTBSに入社し、最初の仕事は「たのきん全力投球!」というバラエティのAD(アシスタントディレクター)でした。

今回の騒動で、これも久々に名前が目立った近藤真彦(マッチ)、田原俊彦(トシちゃん)、野村義男(よっちゃん)の3人がメインの番組です。ADは雑用担当なので、私も一日に何回となく所属のジャニーズ事務所に電話していました。

このとき「はい、ジャニーズ事務所でございますと電話をとっていたのが、当時デスク(と呼ばれる事務職員)だった飯島さんです。

当時は携帯電話もメールも無く、忙しいタレントとともに走り回っているマネジャーさんたちは、とうてい連絡がとれないので、いつも事務所にいる飯島さんが間に立って、スケジュールや衣装などさまざまなことを処理してくれました。

マネジャーに頼んでもすぐ忘れられてしまうけど、飯島さんなら「頼んで安心、任せて安心」と思っていました。そんな時期が3年ほども続いたでしょうか。

ある日、飯島さんから突然の電話が…

その後、私も製作現場を離れ、やがてTBSを退職して、総理大臣だったオヤジの秘書となり、以来ずーっとご無沙汰でした。ところが、そんなころ突然私の携帯にお電話いただきました。

「海部さん?ご無沙汰してます、ジャニーズ事務所の飯島です!」「おや、こちらこそご無沙汰です」「わたし今、SMAPっていうグループのマネジャーやってるんですけど、海部さんご存知でした?

もちろんSMAPは知ってましたが、飯島さんがマネジャーとは知らず…。

最後にお目にかかったのは2013年の大晦日。場所はTBSでした。たまたま家族連れで帰国しており、妻がTBSドラマ「99年の愛」の監修をしていたこともあって、妻と仕事をした編成担当がスタジオ見学に招待してくれたのです。

そのとき、ばったり飯島さんと再会しました。

その場にいる娘がSMAPファンだと伝えたら「いま、慎吾(香取慎吾)がいるから、良かったら会っていかない?」と言ってくれて、娘は香取慎吾と2ショットを撮ってもらい超ご機嫌、オヤジの面目たつたつでした。

そんな感じなので、本当の仕事ぶりは知りませんでした。たまに「女帝」とか噂を聞いてはいたのですが、ご本人がまだ駆け出しの事務職だったころしか知らないもので。ところが今回の騒動で、飯島さんの仕事ぶりの片鱗を知ることができました。

ジャニーズ事務所は完全な「男性社会」だった!

もともとジャニーズ事務所は男性社会。飯島さんは事務職以上の何物にもなれそうもない立場でした。これも有名な話ですがSMAPも最初は、たいして期待されていないグループだった。

担当マネジャーもいない彼らを見かねて名乗り出たということですが、そのときに「マネジャーもタレントも期待されていない同士。だから頑張ってあっと言わせようよ」と言ったと聞いたことがあります。

その後、SMAPを売るために、それまでのアイドルビジネスの枠を超えたイノベーティブなプロデュースを進めて行きました。

ドラマやバラエティへの出演。他業種のカリスマとのコラボレーションなど。ネットコラムの受け売りですが、アイドルの「寿命」を格段に伸ばした功労者となった訳です。

だから、今回の騒動では本当に胸が痛みました。最初に書いたように、とても親しい…とは言えませんが、いつか機会があれば、ぜひお会いしたいと思っています。飯島さんの転職先噂のIT企業が、僕の知っている会社だったらなー、と思っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス